楽天モバイルの料金、評価や速度まで徹底調査した結果

Pocket

楽天市場を運営する楽天が販売している格安SIMである楽天モバイルの料金、評価や速度まで徹底調査した結果をまとめます。

CMにはXJAPANのYOSHIKIやサッカーの本田圭佑を起用しシェア伸ばしている楽天モバイル、実際のところはどうなのでしょうか。

楽天モバイルの特長

今、一番売れている格安SIMは楽天モバイル

MMD研究所による2017年3月3日~3月10日の調査によると、格安SIMのシェア1位は楽天モバイルでした。

シェアは20%と、格安SIM利用者の4人に1人が利用しており、2位のOCNモバイルONEかなりの差をつけて人気である事がわかります。
楽天市場の知名度に加え、CMでの露出も多く、店鋪数も急激に伸ばしていてることも利用者の多さに影響しているようです。

楽天スーパーポイントとの連携がお得

楽天モバイルを契約すると楽天スーパーポイントとの連携でポイントがアップや、携帯料金の支払にポイント利用できる等のメリットがあります。

  • 楽天スーパーポイントを月々の料金支払に使える(1ポイント1円)
    オプションや端末の支払に使う事も出来ます。
  • 楽天市場での買い物のポイントが常に2倍になる(楽天カードを使えば5倍になる)
  • 月額料金、楽天でんわの支払100円につき1ポイント溜まる
    楽天電話を使っているだけでポイントが溜まっていきます

自宅への訪問サポートが無料

格安SIMで面倒なのが、初期設定です。ネット注文で購入した場合には説明書をしっかり読んで行えば5分もかからずに終わるのですが、機械の操作が苦手な方には誰かにやってほしい、ということもあるでしょう。
楽天モバイルでは初期設定の訪問サポートを無料で行っています。
訪問サポート料金:無料(SIMだけの購入等、条件を満たさない場合は8300円)

訪問サポートが無料になる条件は、スマートフォンと通話SIMのセット購入の場合と、新規で購入した場合(MNPも含む)です。離島を除く日本全国に来てくれて初期設定と契約を対応してくれます。

サポートの内容は以下です。

  • スマートフォンの購入
  • スマートフォンの基本的な使い方のレッスン
  • 楽天モバイルの契約
  • そのほかスマートフォンの利用に必要な情報の登録や初期設定のサポート
  • 楽天モバイル端末の初期設定
  • メンバーズステーション登録
  • Googleアカウント設定
  • 他社からの電話番号乗り換え(MNP)のサポート
  • 契約した回線の開通作業
  • 各種オプションの説明

サポートの流れは、

  1. 電話もしくはネットでプラント機種を申し込み
    購入する機種とプランを決めて、電話かネット出張を依頼します。販売員に来て欲しい日時を伝えます。
    ネットで申し込んだ場合は楽天モバイルから電話がかかってきて日時を確定します。
  2. SIMと機種が家に届く
  3. 楽天モバイルのスタッフが訪問し、申し込み、回線の開通、初期設定等を行ってくれます。

無料で訪問サポートを行っているのは楽天モバイルだけなので、スマートフォンとセットで音声SIMを購入される方にはお勧めです。

楽天モバイル公式サイト

また、初期設定に関しては全国にある楽天モバイル店鋪へ行けば無料でスタッフさんに行ってもらう事も出来ます。

全国に店舗がある

楽天モバイルは全国に店舗があります。
新しい店舗も続々開店しているので、実際にスタッフさんに説明を聞きながら購入することもできます。

また、店舗ではセット販売されているスマートフォンの実機にさわることもできます。

回線のエリアはドコモと同じ

楽天モバイルはドコモ回線を利用しているので、幅広いエリアで利用できます。

今利用しているスマートフォンを買い取ってくれる

楽天モバイルでは使っていないスマートフォンを下取りするサービスを行っています。
これはdocomo au SoftBankの大手キャリアでは行っていますが、格安SIMでスマートフォン買い取りサービスを行っているのは楽天モバイルだけです。

また、買い取りをしてもらうことで、買い取り金額にプラスして最大4000ポイントをもらうことができます。

もらえるポイントは以下です。

  • iPhone6以降:4000円
  • iPhone5S、Android:3000円
  • ガラケー:1500円

買い取り金額の一例は、

  • iPhone6(16GB):新品31000円、中古最高価格16000円、中古最低価格14400円
  • iPhone5S(64GB):新品13000円、中古最高価格7000円、中古最低価格6300円

公式サイトにて各機種の買い取り価格を調べる事が出来ます。

楽天モバイルで新しいスマートフォンを買った場合は買い取ってもらいお金に換えてしまうのも良いでしょう。

高速通信の切り替えもできる

専用アプリをダウンロードすれば、高速通信ON/OFFの切り替えができるので、メールの確認など高速通信が不要なときは、OFFにして高速通信容量の消費を最小限に抑えることができます。

パケットを節約したい時は高速通信をオフにしましょう。

また、アプリを使えば月単位でのデータ通信量を確認することができます。また、スマホのAPN設定も簡単にできるので、初めてSIMを使う方も簡単に利用できます。

パケットの繰り越しも可能

使わなかったパケットは翌月まで繰り越す事が出来ます。

MNPの際に自分で開通ができるので、SIMが使えない期間がない

同じ携帯番号を引き継いで他の会社に転入するMNP(ナンバーポータビリティ)で楽天モバイルを利用する事が可能です。

一般的に、MNP(ナンバーポータビリティ)をネットで注文した場合、多くの格安SIMでは発送前に新しいSIMの開通と切り替えが行われるので、SIMが届くまでの間の1日〜2日ほどSIMが使えなくなってしまいます。

しかし楽天モバイルでのSIM開通は、購入したSIMが自宅に届いた後、楽天モバイル開通受付センターに電話をすれば、自宅で自分の好きなタイミングでの開通が可能です。

9:00~20:59に電話受付を行った場合:当日中に切替完了(所用時間15分程度)
21:00~翌8:59に電話受付を行った場合:9:00以降に切替完了(所用時間60分程度)

尚、店鋪でMNPで契約した場合はその場ですぐに開通しますので使えない期間がほとんどありません。(約数分)

テザリングも可能

楽天モバイルではテザリングが可能です。

iPhone、楽天モバイルで発売されているSIMフリーの端末をはじめ、多くの端末でテザリングが利用できます。

詳しいテザリング対応機種は以下より確認できます。

楽天モバイル

電話し放題オプションもある

「楽天でんわ」の月額850円の電話し放題プランのオプションに加入すると、5分以内の通話が無料になります。

通話は楽天でんわアプリから利用します。番号は携帯電話と同じ番号で利用できます。

楽天モバイルの料金

 プラン 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシック
プラン
1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

※契約初月の料金は無料です。

※ベーシックプランでの通信速度は最大200kbps、そのほかのプランの通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbpsです。

楽天モバイルの評価

好評価の口コミ

サイトで注文してから2日ほどで到着が速かった。動画は見ないので3GBのプランで問題なく使えている。
携帯料金が1/2になった。もっと早く購入すべきだった。

定評価の口コミ

昼の通信速度が遅すぎる。速度重視なら他のSIMが良いと思います。
昼は高速通信にしても遅い。
電話サポートのスタッフが慣れていない感じで何度も確認をしていた。新しいものなので仕方ないかもしれないが。

楽天モバイルの速度

日経トレンディの調査による、各社の速度は以下です。
場所は新宿です。計測日は2017年3月14日。

一番速度が低下するお昼12時台の速度

18時台の速度

キャリアと比べると遅いですが、他の格安SIMと比べても楽天モバイルは健闘していると言えます。

速度の目安としては、1Mbps以上出ていれば、SNSやLINE、ネットの閲覧などは問題なく通信できます。

楽天モバイルでセット購入できるスマートフォン

セット購入できるスマートフォンはこちら。

HUAWEI nova lite,Zenfone 3 Max,honor 8,AQUOS SH-M04,ZenFone 3,arrows M03,HUAWEI Mate 9,AQUOS mini SH-M03,ZTE BLADE E01,AQUOS SH-RM02mHUAWEI novamZenFone Go,HUAWEI P9lite,AQUOS ケータイ SH-N01

HUAWEIやZenFoneなど、人気機種がセット購入できます。

また、以下の機種はセット割引もあるのでお得に購入する事が出来ます。

おすすめ機種

楽天モバイルでセット購入する際のおす済め機種をご紹介します。

HUAWEI nova lite

今、世界で急速にシェアを伸ばしている中国メーカーがHUAWEIです。

HUAWEI nova liteを一言で表すと、「スペックもそれなにに高く価格が安い、コスパの良いスマートフォン」です。
いわゆるミドルレンジと言う分類になりますが、Androidで一番売れているカテゴリになります。

発売は売り切れが続出して、価格comのスマートフォン人気ランキングで1位にもなった機種です。

価格は以下です。

通話SIMセット 15,800円
(6000円引き)
データSIMセット 19,700円

通話SIMだと6000円の割引があるのでかなりお得です。

スペック的は、以下のような特長があります。

  • CPUはオクタコア、メモリ3GB…普通に利用する分には、動作はサクサクです。
  • 指紋認証を搭載…ロック状態を指紋認証ですばやく解除できます。
  • 1200万画素カメラ…かなりキレイに写ります。
  • 表面はガラス素材…iPhoneと同様のガラスコーティングで美しい画面です。

HUAWEI nova liteはこんな方におすすめです。

  • せっかく格安SIMを使うのでのでスマホ本体の値段も安いものがいい
  • かといってスマホの動作が重くならずサクサク動いて欲しい
  • たまにゲームもする

Zenfone 3 Max

Zenfone 3 Maxは「安くてしっかり動くスマートフォン」です。

スマートフォンとしては最安クラスの価格でそれなりに動くスマートフォンなので、スマホはLINEやSNSをする程度、という方にはおすすめです。

スペックの特長

  • 4100mAの大容量バッテリー…バッテリーが長持ちするので旅行等にも向いています。
  • 指紋センサー搭載…指紋ですばやくロックを解除できます。

Zenfone 3 Maxの価格

通話SIMセット 9,800円
(10,000円引き)
データSIMセット 12,700円
(7,000円引き)

 

HUAWEI Mate 9

HUAWEIのフラッグシップモデルスマートフォンです。

mate 9は処理の速さやカメラ性能等で、現状のAndroidの中ではトップクラスの性能です。

スマートフォンの性能を測るベンチマークアプリ、ANTUTUによる2016年11月段階のスマートフォンのランキングでは7位に入っています。

  • カメラはライカのダブルレンズ…ダブルレンズによる光学2倍ズームが可能で、非常に綺麗な画質です。また、4K動画の撮影も可能。
  • オクタコアCPU…高速で動作し、非常に評価が高いCPUです。複数アプリを利用してもサクサク動きます。
  • 4000mAの大容量バッテリー…バッテリーが長持ち&高速充電にも対応しています。
  • デュアルSIMデュアルスタンバイ…LTE、3Gの同時待ち受けや、2つの携帯番号で同時に待ち受けができるので仕事とプライベートのSIMを分ける等の使い方が出来ます。
  • 高速指紋センサー…0.4秒でロックを解除できます。

価格

通話SIMセット 49,700円
(11,100円引き)
データSIMセット 54,700円
(6,100円引き)


楽天モバイル

キャンペーンを利用すると、複数回線で最安になる

2回線目以降が半年〜1年間無料になるキャンペーン

キャンペーン概要

5分かけ放題+5GB以上の通話SIM申し込みで、2枚目以降の月額基本料が最大1年間無料になります。
2回線目以降が割引される期間は、1回線目が5GBなら半年、10GBなら1年間となります。

無料になるのは2回線目が200kbpsのベーシックプラン、3.1Gのプランだと1600円→350円と割引されます。

この割引が適用されると、格安SIMを複数利用する場合の最安プランになります。

キャンペーン期間

2017年5月11日 9:59まで

注意点

プランごとに割り引き金額が異なります。

1回線目が10GBの場合2回線目の月額基本料無料期間は1年となります。また、1回線目が5GBの場合2回線目の月額基本料無料期間は半年となります。

詳細は楽天モバイル公式サイトで確認できます。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す