500MB未満まで無料の0SIM(ゼロシム)を使ってみた

Pocket

雑誌デジモノステーション2016年2月号の付録、499MBまで無料の0SIMを購入し、使ってみました。
0SIMはSo-netが提供しています。


デジモノステーション 2016年02月号

雑誌発売の2015年12月25日よりネット上でもかなり話題になっています。
理由は、初期費用が無料で、月499MBまでの通信料も0円と、とにかく安いこと!

サービス内容

  • データ通信専用のSIMカード
  • 音声通話、ショートメールは使用不可
  • SIMカードのサイズは nanoSIM
    現在発売されている大抵のスマートフォンはnanoSIMになります。
    SIMカードのサイズ変更や再発行には3000円(税抜)がかかります。
  • サービス提供者:ソネット株式会社
  • 回線:NTTドコモ 4GLTE

料金プラン

・初期費用

無料!!!
現在発売されている、他社の格安SIMは初期費用が3000円程度なので初期費用が無料というだけでもかなり安いです。

・月額料金

0~499MB 0円
500MB~2047MB 100円~1500円
2048MB~ 1600円
5GB~ 1600円(速度制限あり)

月額料金が0円から利用できるのは革命的です。
500MBを越えると、100MBごとに100円加算されて行きます。
2GBを越えても料金は最大1600円までとなり、5GBを越えると通信制限で低速な回線になってしまいます。

利用開始までの手続き

1.ソネットのサイトから開通手続き

ソネットの0SIMの契約サイト
https://lte.so-net.ne.jp/0sim/u/activateGuide/
から登録を行います。
契約にはクレジットカードが必要です。
登録はPCからでも可能です。

2.利用する端末の設定

Androidの場合

iPhoneの場合

プロファイルは以下のアドレスにiPhoneからアクセスするとインストールできます
http://www.so-net.ne.jp/access/catalog/mobile/lte/download/So-netAPN.mobileconfig
既に別の格安SIMのプロファイルをインストールしている場合は、削除した後にインストールできます。

3.利用開始

設定が済んだら、すぐに通信を開始できます。
現在の通信量は、こちらのページのログインして確認することができます。

注意点

  • 3ヶ月間利用がない場合は自動的に解約となる
  • 開通の手続きは2016年2月24日まで
  • 契約SIMは1人1枚まで

おすすめの利用方法

この0SIMの特徴はなんといっても、月額0円で利用できることなので、500MB未満で利用するのがオススメです。
動画等は見ず、LINEやSNS、ブラウザで少しネットを閲覧する程度の利用であれば500MB未満でおさまるでしょう。
データ通信専用なので、ケータイ2台持ちで利用で外ではあまり通信をしない方には特にメリットが大きいと思います。

2GBを越えてしまうと、料金が1600円となり、ほかのデータ通信用SIMよりも高くなってしまうので、2GB以上を求める場合は別のSIMを使った方がお得です。

通信速度の測定結果(※随時更新していきます。)

日時 下り[Mbps] 上り[Mbps]
12月26日 14時24分 19.97 8.50
12月27日 0時42分 30.58 11.26
12月27日 7時50分 39.12 11.62
12月27日 12時11分 39.00 10.44
12月27日 20時51分 33.97 25.04
12月28日 0時11分 37.11 30.73
12月28日 14時22分 40.23 9.83
12月28日 16時25分 35.41 19.57

測定は、ドコモスピードテストのアプリを使用しています。

利用した印象

契約までの手続きは非常に簡単で、本にも全て書いてあるので購入してすぐに開通手続きと利用開始ができました。
速度は、発売してすぐの段階なので、思ったよりも速い印象です。
現状まったくストレスを感じない速さです。

購入方法


Amazonで購入する場合はこちらから
※現在、Amazonでは売り切れているようです。

また、書店でも発売されているので気になる方は早めに店舗へ行ってみるのがいいでしょう。

Pocket

コメントを残す