ドコモの機種変更で0円が可能?安くなるお得な裏ワザ【iPhone Android】

Pocket

ドコモの携帯・スマホを機種変更する際に安くお得に購入する方法をご紹介します。
安くてオススメのiPhone,Android機種や、購入のタイミング、お得な裏ワザから、機種変更で利用できるキャンペーン、オンライン購入と店舗購入の違い、機種変更での注意点まで読めば確実に安く購入できる情報をすべてまとめました。端末0円購入が可能かも検証しています。

目次

機種変更でおすすめの安い機種

機種変更ではまず割引の多いお得な機種を選ぶ事が重要です。

ドコモの割引プランは以下の3種類があります。

  • 月々サポート
    24ヶ月間、月額が割引される
    割引額は機種によって異なる
  • 購入サポート
    端末価格が一括で割引される(月々サポートの24ヶ月分の割引が一気に割り引かれるイメージ)
    割引額は機種によって異なる
  • ドコモwith
    次の機種変更までずっと月額1,500円が割引される
    対象機種は安い端末が多く割引を考慮すると機種代金が実質0円になる

基本的には機種ごとに3種類ある割引のうちどれかの1つの割引が適用されますが、ドコモwith以外の2つは機種によっても割引額がことなります。それぞれの割引プランで割引額の多いおすすめ機種をご紹介します。

月々サポートのおすすめ機種

ドコモの機種変更で月々サポート(割引)の多い機種は以下となります。
月々サポートは、24ヶ月間続く割引です。
iPhone8の64GBは割引を考慮すると機種代金は31,104円となります。

機種 月々サポート
24ヶ月間
割引後の機種代金
iPhone7 128GB −2,997円 918円×24回
総額 22,032円
iPhone8 64GB -2,403円 1,296円×24回
総額 31,104円
iPhone8 256GB -2,376円 2,079円×24回
総額 49,896円
iPhone8Plus 64GB -2,376円 1,809円×24回
総額 43,416円
iPhone8Plus 256GB -2,376円 2,565円×24回
総額 61,560円
iPhoneX 64GB -2,376円 2,835円×24回
総額 68,040円
iPhoneX 256GB -2,403円 3,591円×24回
総額 86,184円
Xperia XZ1
SO-01K
-2,295円 1,296円×24回
総額 31,104円
Xperia XZ1 Compact
SO-02K
−2,133円 1,107円×24回
総額 26,568円
Galaxy Note8
SC-01K
-2,079円 3,186円×24回
総額 76,464円

購入サポート機種のおすすめ

購入サポートでは、月々の割引ではなく最初にまとめて4万円〜6万円ほど機種代金が割り引かれます。従って一括購入で購入しやすいやすい金額になります。
ただし、購入サポートでは12ヶ月以内の解約金が高額になります。
月々サポート機種の24ヶ月分の合計割引額よりも購入サポートの割引額の方が若干金額は大きいです。

購入サポート機種のおすすめ以下です。

最安は、MONO MO-01Jで、一括でわずか648円になります。
Xperia シリーズの最新モデルXZ1も26,568円で購入できます。

機種 割引額 割引後の機種代金
MONO MO-01J −31,752円 648円
arrows NX F-01K -61,560円 1,107円×24回
総額 26,568円
M Z-01K -49,896円 1,782円×24回
総額 42,768円
Galaxy S8 SC-02J -68,040円 1,080円×24回
総額 25,920円
Xperia XZs SO-03J -64,800円 864円×24回
総額 20,736円

ドコモwith対応機種なら端末代金が実質0円以下に

次の機種変更までずっと月額1,500円割引される「ドコモwith」対応機種の代金は以下です。
同じ端末を2年以上使う予定の方や、スペックにこだわらない方はドコモwith対応機種がオススメです。

ただし、ドコモwithの対応機種はスペック(性能)が中くらいのいわゆるミドルクラスのAndroid機種のみで、本体代金は安さ重視でメールやLINE、SNS、検索などの基本的なアプリが利用できれば十分と言う方向きになっています。
現状、iPhoneシリーズはすべてドコモwith対象外です。

ドコモwith対応機種のほとんどは端末代金よりもドコモwithの24ヶ月分の割引額の方が大きくなるので、
端末代金からドコモwithの割引を考慮すると実質0円以下で端末を持つ事が出来ます。

ドコモwithの詳細はこちら

機種 24ヶ月利用した
場合の割引額
24ヶ月の割引を
考慮した機種代金
Galaxy Feel
SC-04J
-36,000円
(-1,500円×24ヶ月)
実質288円
(定価36,288円)
AQUOS sense
SH-01K
実質-5,544円
端末0円で月額-5,544円分の割引
(定価30,456円)
MONO
MO-01K
実質-10,728円
端末0円で月額10,728円分の割引
(定価25,272円)
らくらくスマートフォン
me
F-03K
実質2,880円
(定価38,880円)
arrows Be
F-05J
実質-7,488円
端末0円で月額7,488円分の割引
(定価 28,512円)

機種変更のタイミングはいつがお得なのか

ドコモの機種変更のタイミングはいつがお得なのか、それは今の端末を購入方法と購入してから何ヶ月が経ったかによって変わってきます。

  • 月々サポートで購入
    → 割引が終わる24ヶ月目の機種変更が一番お得、それ以降だと損
  • 購入サポートで購入
    → 12ヶ月目以降であればお得、24ヶ月以上だと損
  • ドコモwithで購入
    → おおよそ24ヶ月以上使った方がお得

となります。詳細は以下で解説します。

月々サポートは2年で終わるので、同じ機種を持ち続けると損

ドコモでは機種ごとに月々サポート(月額の割引)があり24ヶ月間付きます。割引の金額は機種ごとに異なります。
例えばiPhone8の機種変更では月額の2,376円の割引が24ヶ月間続きます。

割引は24ヶ月で終わってしまうので、それ以降も同じ携帯を使い続けると割引無しの高い料金をドコモに払い続けることになるので損になります。2年経ったら、機種変更で他の機種を購入するか、格安SIMに乗り換えてしまった方がお得になります。
※格安SIMへの乗り換えの場合は2年を経過する前に乗り換えてもお得になります。

ドコモwithではずっと割引が続くのでタイミングは関係無し

「ドコモwith」では、月額割引の1500円が次の機種変更までずっと続きますので、長く使った方がお得になります。

ドコモwithを2年使うと合計の割引が36,000円
3年使うと合計の割引は54,000円

となります。ドコモwithの対応機種の本体代金は25,000円〜38,000円程度なので、2年使うと機種代金を割引でほぼ相殺する事になるので目安としては2年程度は使う事をおすすめします。

「購入サポート」では12ヶ月目以降ならいつでも同じ

端末の購入時に「購入サポート」を適用していると月々サポート(月額の割引)は無しで、端末が最初に一括で割引されます。したがって、購入サポートで買った機種はいつ機種変更のタイミングによって損得は変わりません。

ただし購入サポートでは12ヶ月以内の解約・機種変更の違約金が高額になるなどのデメリットがありますので、13ヶ月目以降の機種変更がおすすめです。購入サポートで割引されるの金額は、月々サポートの機種で割引が24ヶ月続いた場合と同じかやや多い金額になりますので遅くとも24ヶ月程度で機種変更をするのがおすすめです。

店舗で購入するなら月末と土日のセールが狙い目

月末と土日は、販売店では端末の特価セールを行っている店舗が増え割引の金額もやや上がります。
できるだけ安く購入を目指すなら、月末もしくは月の最後の土日を狙うのがおすすめです。

機種変更はどこの店舗で行うべきか

スマホ・携帯は乗り換え(MNP)の場合、店舗によって端末の値段が大きく異なり、安い店舗では値段が5万円〜6万円程度、機種代金が安くなります。

乗り換えに比べると機種変更では大幅な割引を行っている店舗がほとんどなく、セールを行っている店舗自体も少ないです。しかし一部店舗ではセールで端末が本来の価格よりも1万円〜2万円程度安く販売していることがあります。特に東京・関東では機種変更でもセールが行われている店舗が他地域と比べて多いです。

店舗のTwitterなどでも機種変更の安売り情報が公開されています。
東京周辺の方は機種変更でも安い店舗を探して購入、安いお店が近くに無い方や、地方の方はドコモオンラインショップでネット購入が安くなります。

ドコモの販売店の特長

販売店は大きく分けて4種類あり、それぞれに特長があります。

  • 【オススメ】公式オンラインショップ
    ドコモが運営しているネット販売店。店舗へ行かずに自宅で簡単に注文できる。
    手数料が無料、頭金が無料等のお得なメリットがあります。
    商品は自宅に郵便で届けてもらうか、近くの専売店で受け取るかを選べます。
  • 専売店
    ドコモの商品だけを販売するお店。アフターサポートも行っているドコモショップのこと。
  • 併売店(テルルモバイル モバワン等)
    ドコモだけでなくauやソフトバンク等複数のキャリアの商品を販売しているお店。
    アフターサポートは受けられません。
    併売店は乗り換えの販売がメインで、機種変更のキャンペーンはあまりやっていません。
  • 家電量販店の販売店
    ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ケーズ電機などの家電量販店の中にあるショップ。
    基本的に量販店でもアフターサポートは受け付けていません。
    機種絵変更でのキャンペーンやっていることはあまりないです。

オンラインショップだと事務手数料と頭金が無料になる

ドコモでは公式オンラインショップがあり、ネットでも機種変更が可能です。

キャンペーン等は実際のショップと同じものが適用でき、公式オンラインショップだと店舗ではかかってしまう事務手数料と機種代金の分割頭金が無料になります。また、端末の郵送手数料も無料の場合がほとんどです。

さらに、端末が郵送なので店舗に行く必要が無く楽であるという点もメリットと言えます。
ネットで申し込みだけをして近所の店舗で携帯本体の受け取りをすることも出来ます。

ドコモ auの頭金の料金や詳細はこちらで解説しています。

【機種変更の裏ワザ】通称「ウロポ」をゲットしよう

ウロポとは、ユーザーが乗り換えをしないように、機種変更で端末購入等に使えるクーポンやポイントがキャリアから貰える事です。どのくらいの金額相当のポイントやクーポンがもらえるかはユーザーの状況によって様々でが、

1万円分〜3万円分相当がもらえることが多いようです。

当サイト編集部メンバーではMNP予約番号を発行する際に1万円分の機種変更用のクーポンをもらったことがあります。「ウロポ」と呼ばれている由来は、乗り換えるか迷ってウロウロしているユーザーを引き止めるためのポイントということからきているようです。

ウロポをゲットする方法

ドコモからウロポを貰う方法や条件は公式情報はないのではっきりわかっていませんが、当サイトで実際に確認した事例から、以下の2種類の状況が条件になっていました。

  • 長期契約していると定期的にクーポンが入った封筒が郵送で送られてくる
  • 乗り換えのMNP予約番号を発行しようとする際に貰える
    ネットで発行する場合、電話で発行する場合どちらでも貰えるようです。
    電話ではその場でオペレーターの方がクーポンやポイントあげると言ってくれます。

ただし、契約期間等の細かい条件もあると予想できるので、上記の状況でもウロポは必ず貰えるとは限りません。

特にMNP予約番号を発行は無料で行える(MNP予約番号を発行しても実際に乗り換えをしなければ解約にならずそのままの状態で契約は継続します)ので、機種変更する前にはとりあえずMNP予約番号の発行をしてみるのがおすすめです。

その際、サポートセンターの方に

「機種変更がお得なら乗り換えではなくドコモを継続利用したいので、クーポンなどはありますか?」

と聞いてみるのも手です。

サポートセンターの電話番号と営業時間は以下です。

電話番号 151ドコモ携帯から
0120-800-000 一般電話
営業時間 午前9時~午後8時
土日も営業

ネットでもドコモのクーポンが売っている

ウロポやクーポンがゲットできなかった場合でも、クーポンをネット上で購入するという方法があります。

ドコモのクーポンはフリマアプリなど、ネット上でも販売されています。
例えばフリマアプリのメルカリで「ドコモ クーポン」で検索すると多くの方がクーポンを出品しています。

クーポンを使って割引される金額は5,000円〜1万円で、メルカリでの販売価格は400円程度で売られているのでお得になります。クーポンには番号が書かれており、その番号を伝えるか店舗にクーポン券自体を直接持って行く事で利用できます。

注意点としては、機種によってクーポンの対象外になったり、機種によってクーポン金額が変わる事があるります。クーポン用紙に対象機種や金額等が書いてあるので、事前に対象機種と金額を確認する事が重要です。

また、フリマアプリはお店ではなく一般の方が出品しているので相手の身分はわからないので、メルカリ上で出品者の評価を確認して問題なさそうな人から購入をしましょう。

ドコモの機種変更で使えるキャンペーンや割引

ドコモの学割

ドコモの学割は、月額1500円が12ヶ月間割引きされます。

学割の対象は、25歳以下のユーザーです。(学生以外でも可能)

家族でシェアパックに入っていた場合、シェア子回線で学割を利用すると月額280円になります。

シンプルプラン
かけ放題無し
980円
SPモード 300円
シェアオプション 500円
学割(12ヶ月間) -1,500円
合計(税抜) 280円

ドコモの学割の詳細はこちら

25歳以下ではさらにハピチャンで商品が無料でもらえる

ハピチャンでは、25歳以下のドコモユーザーは毎月無料で商品がもらえます。4月はローソンのプレミアムロールケーキが2個無料で貰えます。

機種変更応援プログラム

機種変更応援プログラムでは、機種変更の際に元の端末をドコモへ返却するとポイントがもらえるサービスです。機種変更時の下取りと近いサービスですが、下取りとの違いは機種変更のタイミングが早いほど多いポイントをもらえるので早く機種変更をすると下取り金額よりもお得になる場合があるという点にあります。もらえるポイントは最大27,000円分となります。Androidでは19ヶ月目以降、iPhoneでは13ヶ月目以降に機種変更をすることが条件です。

利用量として、月額は300円かかります。同じ機種を長く使う方にとってはメリットはありませんが、2年以内に機種変更を予定している方にはポイントが貰えるのでお得になります。

端末ごとにもらえるポイントなどは ドコモ公式サイト より

ドコモの機種変更応援プログラムの詳細はこちら

新iPhoneなら機種変更応援プログラムプラス

機種変更応援プログラムプラスでは、機種変更応援プログラムと同様に機種変更時に特定の機種を13ヶ月以上使ってからドコモに返却するとポイントが還元されるとサービスです。機種変更応援プログラムとの違いは月額の料金がかからないことです。

対象機種は、iPhone8/8Plus iPhoneXの3機種です。(2018年3月現在)

もらえるポイントは、iPhone8/8Plusは13ヶ月目の機種変更で40,000円分のポイント(最大)で徐々に減って行き25ヶ月目では9,000円分のポイントとなります。
iPhoneXは13ヶ月目の機種変更で60,000円分のポイント(最大)で徐々に減って行き25ヶ月目では12,000円分のポイントとなります。

家族まとめて割

家族一緒に複数台でドコモ機種を購入してシェアパックに加入すると、1台あたり5,184円割引されます。

キャンペーン期間:2018年5月31日まで

エンジョイ シェアパックキャンペーン

「シェアパック15・20・30」もしくは「ウルトラシェアパック30・50・100」に新たに加入すると、6,000ポイントが貰えます。
既にシェアパック5に加入している場合は期間中に「シェアパック10・15」「ウルトラシェアパック30・50・100」のいずれかに申し込みをしても適用されます。
既に

キャンペーン期間:2018年2月1日(木曜)~2018年5月31日(木曜)

ドコモ光セット割引

ドコモの携帯回線とドコモ光をセットで契約すると月額が割引されます。
割引される金額はデータプランにより異なり、データ量が大きいものほど大きな割引になります。

家族用のシェアパックでの割引額は以下です。

データプラン 光セット割引
ウルトラシェアパック100
100GB
-3,500円
ウルトラシェアパック50
50GB
-2,900円
ウルトラシェアパック30
30GB
-2,500円
シェアパック15
15GB
-1,800円
シェアパック10
10GB
-1,200円
シェアパック5
5GB
-800円

1人用データパックでの割引は以下。

データプラン 光セット割引
データLLパック
30GB
-1,600円
データLパック
20GB
 -1,400円
データMパック
5GB
 -800円
データSパック
2GB
 -500円
ケータイパック -500円

スマホ★光のりかえサポートキャンペーン

ドコモ光申込みと一緒に、他社携帯電話の解約証明書を提出すると、解約金相当額の10,260ポイントがもらえます。
他社携帯電話の対象はSoftBank・au・Y!mobile・UQ mobileで、解約を証明する書類のコピーが必要になります。

下取りプログラム

ドコモの下取りは、dポイントで一括でまとめて還元されます。機種購入時の代金に充てる事や、月額料金に充てたり、dポイントが 使えるお店(ローソン、高島屋等)でのお買い物にも利用できます。

代表的な機種の下取り金額は以下です。
※金額は随時変更され、古い機種ほど下取り金額が減って行きます。

機種 良品 画面割れなど
iPhone7 30,000円 9,000円
iPhone6S 1,7496円 5,200円
iPhone6 11,000円 3,300円
iPhone5S 4,000円 1,200円
Xperia XZ SO-01J 20,000円 6,600円
Xperia Z5 SO-01H 10,000円 3,000円
Galaxy S6 edge SC-04G 7,000円 2,100円

ドコモでのiPhoneの下取り価格はこちら

ドコモのAndroidの下取り価格はこちら

オンラインショップでの下取り方法

ドコモショップで下取りを出す際は店舗で端末を渡しますが、オンラインショップでは郵送になります。手順は以下のようになります。

  1. ネット上で下取りの申し込み
    機種変更時の購入手続きの画面で下取りの申し込みができるようになっています。
  2. 送付キットが届く
    自宅にドコモへ送付する用の箱や申込書が届くので、記入して端末と一緒にドコモへ郵送します。
    端末は初期化する必要があります。
    また、データはバックアップをとっておく必要があります。
  3. ドコモへ下取り端末が届くと、翌日にポイントに反映される

端末を下取りに出す前に、フリマアプリや中古販売の相場をチェック

機種変更の際には「下取り」でドコモが今まで使っていた端末をdポイントと交換で引き取ってくれます。下取りの場合買い取り額は現金でもらえることはなく、ドコモはdポイントに当てられます。(1ポイント = 1円分です。)

機種によっては、キャリアの下取りの金額よりも、メルカリのようなフリマアプリで売買されている相場や、中古携帯(白ロム)を買い取ってくれるお店での買い取り額の方が高くなる場合がります。

キャリアに下取りに出す前に、メルカリやヤフオクで機種名で検索して中古価格の相場を確認したり、中古売買サイトの下取り査定で金額を調べてみるのがおすすめです。

ドコモの下取りプログラムの注意点はこちら

中古のスマホ(白ロム)を買う場合は注意が必要

ドコモから機種を購入せず、中古販売店やフリマアプリで端末(通称 白ロム)を購入しドコモのSIMを差し込んで使う、という選択肢もあります。自分が使わなくなった携帯やスマホを売る際は、フリマや中古買い取りショップがおすすめですが、購入する側になる際は「SIMフリーかどうか」と「ネットワーク利用制限」への注意が必要です。

ネットワーク利用制限とは、ドコモ au ソフトバンクのキャリアで購入したスマートフォンの料金が未払いになるとその端末自体が利用できなくなる仕組みです。中古で買った場合、元々そのスマホ・携帯を使っていた人の支払が滞ると使えなくなってしまうということになります。

ネットワーク利用制限には、「◯ △ ×」の3種類があり、それぞれ以下のような意味を持ちます。

  • ◯:すべての支払が完了している、基本的に×になる事は無い。端末は利用可能。
  • △:分割で支払がまだ終わっていない、支払が滞ると×になる。端末は利用可能。
  • ×:利用が出来ない状態。

ネットワーク利用制限が「◯」になってるものを購入すれば基本的には問題ないので、購入時には必ずネットワーク利用制限が「◯」になっているものを選びましょう。※ただ、ごく稀に「◯」から×変わる場合もあるので注意が必要です。

2年後ならいつ解約しても違約金がかからないフリーコースもある

ドコモの契約は通常は2年契約で、自動更新になっています。違約金(9,500円)が無料になるのは25ヶ月目と26ヶ月目だけになります。
しかし「フリーコース」に加入する事で、2年契約が終わった後に自動更新せずいつ解約しても2年縛りの違約金がかからないようにすることもできます。
フリーコースは2年契約が終わった25ヶ月目と26ヶ月目のみに変更する事が出来ます。

ドコモの「ずっとドコモ割」は長期利用者への割引

ずっとドコモ割で長期契約者への割引があります。4年、8年、10年、15年で割引が大きくなっていきます。

データ定額ごとの割引料金は以下になります。

複数回線用のデータパック シェアパックの割引

データプラン 4年 8年 10年 15年
ウルトラシェアパック100
100GB
-1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円
ウルトラシェアパック50
50GB
-800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック30
30GB
-600円 -800円 -1,000円 -1,200円
シェアパック15
15GB
-600円 -800円 -1,000円 -1,200円
シェアパック10
10GB
-400円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック5
5GB
-100円 -200円 -600円 -800円

1人用データパックの割引

データプラン 4年 8年 10年 15年
データLLパック
30GB
-200円 -400円 -600円 -800円
データLパック
20GB
 -100円 -200円 -600円 -800円
データMパック
5GB
 -100円 -200円 -600円 -800円
データSパック
2GB
 無 -600円

2年後は解約金がいつでも無料になるフリーコースはずっとドコモ割対象外

フリーコースに入ると、ずっとドコモ割は対象外になるので注意が必要です。

dカードで支払うとポイントが貯まってお得

ドコモのカードには大まかにポイントカードとクレジットカードの2種類があります。
特にクレジットカード機能のついたdカードはカード利用でdポイントが貯まるのでお得になります。

ドコモを利用するなら

dポイントカード

一般的なポイントカードと同じで、ドコモの利用でポイントが貯まります。
加盟店でのお買い物の際にもカードに貯まったポイントが利用できます。

dカード(クレジットカード)

dポイントカードにクレジットカードの機能が追加されたカードです。
通常のクレジットカードと同じようにお買い物で使えるほか、クレジットカードの利用分の1%のポイントがdポイントになります。ローソンで利用すると5%のポイントが貯まります。

年会費は、通常のdカードは1250円ですが年に1度でも使うと年会費無料、dカードゴールドは年会費1万円ですがゴールドカードはドコモ/ドコモの光の支払に使うと10%がポイントとして還元されます。

ゴールドカードなら例えば、ドコモ光とドコモ携帯を契約して月額1,1000円だった場合、13,200円分のポイントが溜まるので年会費分以上のポイントが溜まるのでお得になります。家族でドコモを利用して合計額が月25,000円なら年間3万円分ものポイントが溜まります。

さらにゴールド会員なら携帯の購入から3年間紛失・修理の保証がつき、最大10万円分まで保証してくれます。

また、dカードゴールドに入会すると

  • 21,600円分のクーポン
  • 14,000円分のiD(ドコモの電子マネー)
  • クレジット利用金額に応じて1万円〜2万円分のクーポン(毎年貰える)

がもらえます。

機種変更時の注意点

携帯・スマホの機種変更時によくある問題や注意点を解説します。

分割購入の残債が残っている場合は2重で機種代金を払う事になる

現在使っている機種が分割購入でなおかつ支払がすべて終わっていない場合は、機種変更後も残債の支払が発生します。その場合は前の「端末の分割代金 + 新しい端末の分割代金」の両方が発生するので注意が必要です。
しかし、機種変更応援プログラムや下取りを使って端末を返却する事によって、残債をゼロにしたり、金額を減らす事が出来ます。

機種変更では手数料がかかる

ドコモ機種変更には2000円の手数料がかかります。(オンラインショップでは無料)

電話帳の乗り換えや写真・動画データ・アプリの移行が必要

iPhoneでは、パソコンに接続してiTunesでデータをバックアップしておくと、新しいiPhoneへ簡単にデータをコピーできます。もしくは、iCloudでネット上にデータを預けておくということもできます。

Androidでは、ドコモのデータコピーアプリを使って移行するもしくはSDカードで移行を行います。
アプリデータに関しては、Google Playの機能で同じGoogleアカウントでログインすると新しいAndroidでも同じアプリが自動的にダウンロードできます。(ただし、SNSなどは改めてログインが必要です。)

データコピーアプリの使い方

LINEも引き継ぎの設定が必要

LINEの引き継ぎは、電話帳・写真・動画等のデータ移行とは方法が全く異なり、LINEアプリ内での設定が必要になります。LINEデータを新しい端末に引き継ぐには、現在使っている端末でLINEにメールアドレスとパスワードを事前に登録する、もしくはfacebook連携で登録する必要があります。登録していない場合は引き継ぎができません。

機種変更で下取りとして今までLINEを使っていた端末をドコモへ返却する際、端末をリセットするとLINEのデータが消えて復元ができなくなるので、リセットをする前に必ずメールアドレスとパスワードもしくはfacebook連携で登録しましょう。

必要ないオプション・コンテンツは解約する

携帯を購入する際、オプションで有料のオプションやコンテンツを契約してしまっている方も多いと思います。

ドコモではdTV、dマガジン、dヒッツなどの30日間無料でその後有料になるコンテンツを契約させられてしまう場合が多いです。無料期間が終わった後は月額課金なので、うっかり解約を忘れると月額500円〜2000円をずっと課金し続けて無駄な料金が発生してしまいます。解除はWEBからできるので、必要ない物は無料期間のうちに解除してしまいましょう。

料金プラン見直しで月額を0円にすることも可能

ドコモでは複数台のデータ通信をまとめて契約できるシェアパックがあり、1人複数台、もしくは家族複数人で利用する際はシェアパックの方が安くなります。また、電話かけ放題のないシンプルプランと組み合わせる事でさらに安くする事も可能です。

ドコモの月額料金を0円にする方法は以下で解説しています。

機種変更はオンラインショップが安い・かんたん

機種変更はドコモ公式オンラインショップが一番楽で、安くなります。
オンラインショップのメリットは以下です。

事務手数料と送料が無料

店舗だと2000円かかる機種変更の手数料がオンラインショップなら無料です。
購入金額が2500円以上であれば送料も無料になります。

端末の頭金が無料

分割で端末を購入する場合、機種や店舗によって機種代金に加えて初回のみの頭金がかかります。頭金の金額は異なりますが、おおよそ4,000円〜9,000円程度かかります。
オンラインショップでのみ、この分割頭金が無料になりお得です。

余計な待ち時間が無い

ドコモショップは混雑している店舗が多く待ち時間が長いです。
また、ショップは営業時間も限られているので予定が合わな場合もあると思います。
オンラインなら待ち時間無しで24時間いつでも購入できます。

端末は郵送で受け取れる

自宅での受け取りだけでなく、ドコモショップやコンビニで受け取る事も可能です。

オンラインショップで購入するといつ届くのか? → 最短で2日

最短で注文してから2日ほどで端末が届きます。購入手続き画面上で、「宅配」を選択すると日時指定が表示され、その表示されている日にちが最短お届け予定になります。

下取りも郵送でOK

オンラインショップで購入時に下取りを希望した場合は、郵送用の送付キットが届くのでその内容に従って下取りに出す端末をドコモへ送付します。

必要ないオプションコンテンツを契約せずに済む

店舗で機種変更をするとdTV dマガジン等のドコモ系のオプションコンテンツに入らなければならず放っておくと毎月課金されてしまいますが、オンラインショップでの購入だと必要ない余計なオプションを契約せずに済みます。

オンラインショップでの機種変更はかんたん

ドコモオンラインショップのサイトへアクセス

PC版では以下のようなページになっています。
もちろん、スマホ・タブレットからの購入も可能です。

必要な物は、dアカウントだけです。印鑑や身分証明書の準備も必要ありません。

端末を選択すると、機種代金や機種ごとの月額割引を説明が書かれています。

問題なければdアカウントでログインすると、配送日の選択と配送場所(自宅受け取り ドコモショップ受け取り コンビニ受け取りから選択できます)を決定して購入が完了します。

dアカウントをまだ取得していない場合は、無料で簡単に作成できます。

dアカウントの作成はこちらから

ドコモオンラインショップでの機種変更では機種や付属品を購入するだけなので、月額プラン選択などは必要ありません。
プランも変更する場合はMy docomoにて行う事が出来ます。

購入する機種が決まっていれば5分〜10分ほどで購入が可能です。受付は24時間行っているのでお店に行く時間が取れない方にもおすすめです。

届いた後の設定もかんたん

端末が届いた後は、SIMサイズが同じであればSIMを差し込むだけで利用開始できます。

SIMサイズが変わる場合は、新しいSIMを端末に差し込んでドコモへ切り換えの連絡をするだけで利用が開始できます。
(切り換えの方法が詳しい説明書が同封されているので手順に従うだけです)

機種変更でも実質0円を目指せる!?

機種変更でも実質0円は目指せるのでしょうか?

記事冒頭でご紹介した、ドコモwith対応機種だと元々の機種代金が安い物が多いので月額1,500円の割引を考慮すると端末は実質0円にする事が可能です。

それ以外の機種では、ウロポやクーポン、下取り、オンラインショップの無料項目を考慮して0円が可能かどうか検証してみました。

ソニーのAndroid端末、Xperia  XZ1 SO-01K の場合

例えば月々サポートが適用されるXperia  XZ1 SO-01Kのでは、以下のようになります。

端末価格 定価
Xperia XZ1
86,184円
月々サポート
24ヶ月分合計
-55,080円
ウロポ -15,000円分
クーポン -5,400円分
下取り -5,000円相当
オンラインショップ
事務手数料無料
-2,000円分
オンラインショップ
分割頭金無料
-6,000円相当
合計 -2,296円
実質0円
でさらに2,296円分お得

ウロポやクーポンが貰えて下取り端末が5,000円相当あった場合、割引も考慮すると端末価格がマイナスになり、実質0円で、さらに月額プランから2,296円が割引されることになります。

上記のようなウロポなどの条件が揃えば実質0円が可能になります。

キャッシュバック規制で機種変更が今後安くなるかも

総務省が携帯キャリアの0円販売やキャッシュバックを規制する様に動いていると報道がありました。
キャッシュバック規制によって、いままで乗り換え客を重視して端末の安売りをしていた販売方法がやりにくくなるので、機種変更でもお得になるような月額料金を下げる方向にキャリアが舵を切る可能性がでてきました。

記事の内容まとめ
  • 割引の多い機種を狙おう!最安648円のお得な機種も
  • 裏ワザで最大2万円のポイントゲット
  • ネットでも購入可能なクーポンで5,400円引き
  • 学割、家族まとめて割などの各種キャンペーンを利用してさらに安く
  • 料金プランを見直せば月額を0円にすることも可能
  • ドコモ光セットなら月500円〜3,500円の割引
  • オンラインショップで1万円安く購入
  • dカードゴールドなら年間3万円分のポイントを貯める事も可能
    さらに入会特典の条件を満たせば3万円分のポイントももらえる
Pocket

携帯に関する質問や相談を受け付けています

「現在のキャリア」「現在のプラン」も記入頂くとより最適な回答ができます。