iPhoneXの最安料金プランを比較【ドコモ au ソフトバンク 格安SIM】

Pocket

iPhoneXが11月3日に発売されますが、大手キャリアのdocomo,au,Softbank,格安SIMそれぞれで最安のプランで運用した場合の料金を比較してみました。

iPhoneXの本体価格

iPhoneXは64GBモデルと256GBモデルの2種類の容量があり、それぞれの価格は以下です。(税込)

キャリア 64GB 256GB
ドコモ 125,064円 143,856円
au 128,160円 146,400円
ソフトバンク 131,040円 149,280円
Apple Store 121,824円 140,184円

全モデルが12万円を越え、今まで販売されたスマホと比べても最も高価なものになります。
キャリアで購入した場合には月々の割引があるので、割引も考慮した料金をご紹介していきます。

> 結論を先に見たい方はこちら

ドコモのiPhoneX最安料金プラン

ドコモの料金プランは、

  • 単体回線(1回線のみ)で持った場合
  • シェアパック子回線の場合
  • 2台目プラスで持った場合

の3パターン存在します。

シェアパック子回線とは、ドコモのデータ量シェアのグループに入る事です。既に持っている親回線をシェアパックに入る事で、子回線データ通信パックを契約せずにすみ、その代わりに500円のシェアオプションをつけるだけでパケットをシェアできます。
また、親回線がシェアパックに入っていると、グループの全回線で通話のプランが最安のシンプルプラン(税抜 980円)に入る事が出来るので、すでに家族がドコモを利用している場合はシェア子回線になると安くなります。

2台目プラスとは、1人で2回線目を持った際に2回線目だけに使う事ができるプランで、1回線目を親として、2回線目を電話のできないデータのみのプランの子回線とするプランです。シェアパックとは違い、親回線がシェアパックのデータ通信プランに入っていないと通話のプランが最安のシンプルプランに入れないので、シェアパックよりはやや高くなりますが、子回線自体はデータ通信プランを契約しなくていいので1回線よりは安くなります。

その他の違いは、シェアパックでは家族でで最大20回線まで子回線にすることができますが、2台目プラスでは、2台目のみ子回線として登録する事が出来ます。

単体(1回線のみ)とシェアの両方でのiPhoneX最安プランをご紹介します。

※本体代金はiPhone8[64GBモデル]で計算しています。
※ドコモでは、機種代金を分割で支払う場合は24回払いのみになっています。

ドコモでは、新規・機種変更・MNP(乗り換え)ですべて同じ料金になります。

単体回線での最安運用

64GB 256GB
カケホーダイライト 1,836円 1,836円
データパックS(2GB) 3,780円 3,780円
SPモード 324円 324円
機種分割代金 5,122円 5,994円
月々サポート -2,358円 -2,376円
合計 税込 8,704円 9,558円

シェアパックでの最安料金

シェア子回線 64GB 256GB
シンプルプラン 1,058円 1,058円
シェア料金 540円 540円
SPモード 324円 324円
機種分割代金 5,122円 5,994円
月々サポート -2,358円 -2,376円
合計 税込 4,686円 5,540円

シェア子回線でiPhoneX[64GBモデル]を持った場合は3245円となります。

シェアパックには親回線が必要なので、親回線の最安プランは以下となります。

また、親回線がシェアパックに入ると親回線・子回線ともに通話のプランが最安のシンプルプラン(かけ放題なし)を適用する事が出来ます。

シェア親回線
シンプルプラン 980円
シェアパック5GB 6,500円
SPモード 300円
合計 税込 8,402円

親回線では、最安で適用できるパケットが5GBなので、やや料金が高くなります。

すでに親回線を持っている場合は、子回線でiPhone8を持つと3245円となるので安くなります。

2台目プラスでの最安プラン

2台目プラスでの最安プラン 64GB 256GB
データプラン 1,836円 1,836円
シェアオプション 540円 540円
SPモード 324円 324円
機種分割代金 5,122円 5,994円
月々サポート -2,358円 -2,376円
合計 税込 5,464円 6,318円

2台目プラスの親回線の最安プランは以下となります。

2台目プラスの親回線
カケホーダイライト 1,700円
データパックS(2GB) 3,500円
SPモード 300円
合計 税込 5,940円

auのiPhoneX最安料金プラン

auでは、最安の新料金プランのピタットプランがiPhone8/8Plus/Xにも対応しました。

ピタットプランの料金はパケット(データ)の利用量によって変わる従量制で、月の利用パケット(データ)量が1GB未満であれば12ヶ月間の料金が1980円(税抜)、それ以降は2980円となります。

auピタットプランの詳細はこちら

ピタットプランには3種類の通話プラン、無制限のかけ放題の「カケホ」、5分以下の通話が無料の「スーパーカケホ」、かけ放題無しの「シンプル」があり、電話をしないのであれば料金は「シンプル」が一番安くなります。

また、auでは、アップグレードプラグラムEXにより機種代金の分割回数を通常の24回払いから48払いとすることもできます。

※すべてiPhoneX[64GBモデル]での計算となります。

24回払い、ピタットプラン(シンプル) 1GB未満の料金

24回払い 64GB 256GB
ピタットプラン シンプル 2,138円 2,138円
機種分割代金 5,340円 6,100円
合計 税込 7,478円 8,238円

48回払いのアップグレードプログラムEXを利用した料金

auでは、スマホ機種代金を48回払いにして、月々の支払を半額にするアップグレードプログラムEXがあります。

アップグレードプログラムEXでは、25ヶ月目に機種変更をした場合、端末をauに返却する事によって、残りの機種代金が0円になり支払の必要が無くなります。

プログラム加入料金として、月額390円がかなります。(分割手数料のようなイメージです。)

アップグレードプログラムEXを利用して上記のピタットプランに適用をした場合は以下の料金となります。

48回払い 64GB 256GB
ピタットプラン シンプル 2,138円 2,138円
機種分割代金 2,670円 3,050円
アップグレードプラグラム 390円 390円
合計 税込 5,198円 5,578円

ソフトバンクのiPhoneXの最安料金

ソフトバンクの最安料金プランは、2017年の9月22日から始まったワンキュッパ割になります。
ワンキュッパ割は、データ量が1GBのみなのでやや不便なプランですが、auのピタットプランに追随した格安プランです。
また、ワンキュッパ割を利用すると毎月割が無くなります。
ワンキュッパ割は1年目が2457円の割引、2年目は1457円の割引です。

> ソフトバンクワンキュッパ割の詳細はこちら

ワンキュッパ割を除くプランでソフトバンクの最安プランは、通話定額ライト + データ5GBプランになります。

ソフトバンクでは機種代金の支払については、auと同じように通常の24回払いだけでなく48回払いの「半額サポート for iPhone」があります。auのアップグレードプラグラムEXとの違いとして、プログラム加入料が無料になります。
ワンキュッパ割では「半額サポート for iPhone」を適用できません。

ソフトバンクの半額サポート for iPhoneの詳細はこちら

ワンキュッパ割 24回払いでの料金

24回払い 64GB 256GB
通話定額ライト 1,836円 1,836円
データ定額ミニ 1GB 3,132円 3,132円
ウェブ利用料 324円 324円
ワンキュッパ割 -2,457円 -2,457円
機種分割代金 5,460円 6,220円
合計 税込 8,295円 9,055円

従来プラン24回払いでの料金

24回払い 64GB 256GB
通話定額ライト 1,836円 1,836円
データ定額ミニ 5GB 5,400円 5,400円
ウェブ利用料 324円 324円
機種分割代金 5,460円 6,220円
月々割 -3,210円 -3,210円
合計 税込 9,810円 10,570円

48回払い

48回払い 64GB 256GB
通話定額ライト 1,836円 1,836円
データ定額ミニ 5GB 5,400円 5,400円
ウェブ利用料 324円 324円
機種分割代金 2,730円 3,110円
月々割 -1,605円 -1,605円
合計 税込 8,685円 9,065円

SIMフリー版 + 格安SIMでの料金

iPhoneXをApple StoreでSIMフリーの状態で直接購入して、格安SIMを契約して利用する場合の料金は以下となります。

LINE MOBILE

格安SIMは、標準的な料金であり、サービスの充実したLINEモバイルを利用した場合をシミュレーションしてみます。

iPhoneX 64GBのApple Storeでの価格は121,840円、256GBは140,184円になります。
これを24回で割り月額換算すると64GBが5076円、128GBが5841円となります。

Apple Storeでは、ネットでも実店舗でも12回払いまで分割手数料が無料になるキャンペーンを行っています。

LINEモバイルの音声通話SIMの料金は1GBが1,296円、3GBで1852円、5GBで2395円になるので機種代金を24分割した月額換算と合わせると以下のようになります。

モデル 64GB 256GB
データ容量 1GB 3GB 5GB円 1GB 3GB 5GB
プラン料金 1,296円 1,852円 2,397円 1,296円 1,852円 2,397円
機種代金24分割 5,076円 5,076円 5,076円 5,841円 5,841円 5,841円
合計 税込 6,372円 6,928円 7,473円 7,137円 7,693円 8,238円

LINEモバイルLINE twitter Facebook Instagramの通信がカウントされず速度制限にもならない、「カウントフリー」というサービスが3GB以上のプランにはすべて付いているのでコスパの良い格安SIMです。

格安SIMで最安のmineoの場合

現在、格安SIMで最安の料金は、キャンペーンにより、mineoのaプラン(au回線)になります。

mineoでは音声回線SIMが、月額900円が12ヶ月間割引されるキャンペーンにより、

  • 500MB:442円
  • 1GB:550円
  • 3GB:658円
  • 6GB:1,393円

とかなり安くなっています。
3GBでも月額1000円以下と、破格の料金になっています。

モデル 64GB 256GB
データ容量 1GB 3GB 6GB 1GB 3GB 6GB
プラン料金 550円 658円 1,393円 550円 658円 1,393円
機種代金24分割 5,076円 5,076円 5,076円 5,841円 5,841円 5,841円
合計 税込 5,626円 5,734円 6,469円 6,391円 6,499円 7,234円

mineoのキャンペーンの詳細は以下より。

【まとめ】結局どこが一番安いのか

各社のiPhoneXの最安料金をまとめると以下となります。

複数回線ならドコモが最安

複数回線を持つならシェアパック子回線として利用すると月額4686円となりドコモが最安となります。

大手キャリアならauが一番お得

大手キャリアで一番安い料金プランはauピタットプラン(シンプル)の48回払いになります。
2年目から1,000円値上がりしても6,000円台で利用できます。

1番安いのはmineo

単体で持つなら格安SIMで最安のmineoを利用するのが最安となります。

ただし、料金的にauとあまり変わらないのですが、auの最安を維持するには1GB未満しかデータ通信が使えず、もし1GBより多く利用するとピタットプランは従量制なので料金が多くかかってしまうという注意点があります。

格安SIMは、ドコモ au ソフトバンクに比べて、データ量の大きいプランでも安いので、最安プランよりもデータ量を増やした場合でもmineoが最安になります。

また、マイネオは11月9日まで、12ヶ月間900円引きになるキャンペーンが行われていますので、今のうちに契約してしまうのがお得です。
今ならエントリーパッケージがAmazonで値下げされていて、初期費用も495円にする事が出来ます。

> mineo公式サイト

mineo

5GB以上のプランだとドコモ au ソフトバンクは横並び

今回はソフトバンクのみ5GBのプランを掲載して他キャリアは最安プランで比較する事にしましたが、その理由は5GB以上だ、ドコモ au ソフトバンクの大手キャリアはほぼ同じ価格になるため、比較する意味がなくなってしまうためです。

5GB以上のプランだと、格安SIMのmineoとLINE MOBILEと大手キャリアの差がより大きくなるため、データ5GB以上の予定の方はSIMフリーiPhoneX + 格安SIMを断然おすすめします。

Pocket

コメントを残す