LINEモバイルのテザリング対応機種とカウントフリーでの利用

Pocket

LINEモバイルのテザリングについて解説します。

テザリングできる条件、できない条件や、カウントフリーの対象も調べてみました。

LINEモバイルでテザリングが可能な機種

テザリングができない、という報告もネットで見られますが、実際はどの機種が利用可能なのでしょうか。

公式サイトでの回答は以下です。

docomo端末はほぼ全て、テザリングに関してはdocomoと契約しているSIMカードでしか利用できないように設定がされています。au、SoftBankについても、docomo同様、SIMロック解除してもテザリングは他社(MVNO含む)のSIMでは利用できません。詳しくは端末メーカーにお問い合わせください。

このことから、キャリアのスマートフォンはすべてテザリングは使えないのではないか?と思ってしまう方も多いかと思います。

説明がアバウトなのは、LINEモバイルはまだ格安SIMキャリアとしては新参の部類なので、細かい端末の動作チェックができていない、というが実情としてあります。その状態でうかつに大丈夫と表明してしまい、もし利用できなかった場合に利用者からクレームが来ないように、消極的な回答になっているものだと考えられます。

では、実際どのような機種がテザリングを利用できるのでしょうか。

LINEモバイルではドコモの回線を使用しています。

同じドコモ回線の格安SIMで、細かな技術情報を利用者に公開してくれているIIJ mio(docomoプラン)の検証データをご紹介します。

※以下はIIJ mioの場合です。同じドコモ回線なのでLINEモバイルとほぼ同じ対応状況になりますが、若干の違いがある可能性があります。

iPhoneはテザリング可能

iPhoneに関しては、iOS8以降であればSIMフリーになっている物はテザリング可能です。
au ソフトバンクで購入したiPhoneでもSIMフリー化していればテザリング可能です。

また、ドコモのiPhoneであればSIMフリーでなくてもテザリングが可能です。

AndroidはSIMフリーで発売されてるものはテザリング可能、キャリア版不可能

Androidに関しては、LINEモバイルでセット販売されているようなSIMフリーのスマートフォンは利用可能です。
その他の、ドコモで販売されているAndroidスマートフォンはほとんどがテザリング利用できません。

au、ソフトバンクで販売されたAndroidでもテザリングは利用できません。

ドコモのAndroidでなぜテザリングが利用できない理由は、キャリアで販売されたAndroidはテザリングの通信をするとき、APN設定(格安SIMの回線設定)を無視して販売されたドコモののネットワークに接続を行ってしまいます。

接続されたドコモ側では格安SIM利用者の契約情報はないので、ネットワークが利用できないためテザリングが不能になってしまいます。

設定方法

テザリングの設定方法は以下の手順で設定を行います。

それぞれ、USBテザリング、Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリングの方法を解説しています。

iPhoneのテザリング

iPhoneのテザリング設定は以下から行う事が出来ます。(全格安SIMで共通です。)

Wi-Fiテザリングの方法

  1. 「設定」をタップ
  2. 「モバイルデータ通信」をタップ
  3. インターネット共有をタップ
  4. Wi-FiとBluetoothをオンにするをタップ
  5. 利用したい端末側でiPhoneにのWi-FiのSSIDを設定し、3.の画面にあるパスワードを入力すれば接続可能になります

Androidのテザリング

Androidのテザリング設定は以下から行う事が出来ます。(全格安SIMで共通です。)

テザリングの方法

  1. [設定]をタップ
  2. 「無線とネットワーク」の「その他…」を選択
  3. 「テザリング」を選択
  4. 「Wi-Fiテザリング」を選択
  5. 「次回から表示しない」にチェックを入れて、「OK」をタップ
  6. 設定したいパスワードを入力し、「保存」をタップ
  7. 「Wi-Fiテザリング設定」をタップ
  8. パスワードを確認の上、「保存」をタップ
  9. [Wi-Fiテザリング] 前の画面で表示された、SSIDを他のスマーフォンやPC側から選択し、6.で決めたパスワードを入力すれば利用可能になります
    [Bluetoothテザリング] 他のスマーフォンやPC側のBluetoothをオンにして、端末を選択します。すると端末側にペアリングの通知画面が来るので許可をするとテザリング可能になります。
  10. テザリングを終了するときは、3.のテザリングをタッチしチェックを外せば解除されます

Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングそれぞれの特徴

速度 接続台数 電池消費
Wi-Fiテザリング 速い 複数可能 多い
Bluetoothテザリング 遅い 複数可能 少ない
USBテザリング 一番速い 1台のみ 少ない
充電と同時

接続するのがPCだけの場合は、一番高速で電池も減らない(充電と同時)USBテザリングがおすすめです。

他のスマーフォンやタブレットの場合は、電池を気にする場合はBluetooth、電池が充分ある場合は速度重視でWi-Fiテザリングと使い分けるのがいいでしょう。

LINEモバイルのテザリングはカウントフリーなのか

LINEモバイルの大きな特徴である、LINE、SNS、音楽アプリのカウントフリーサービスですが、テザリングでも適用されます。

したがって、テザリングで別の端末やPCを利用している際も対象のアプリ・サイトはパケットはカウントされず使い放題になります。

LINEモバイル公式サイトはこちら

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す