LINEモバイルの通話料と節約方法

Pocket

LINEモバイルの通話料や、節約方法、通話定額について解説します。

LINEモバイルでは、LINEの通信に関するパケットがカウントフリーで高速通信を使い放題なので、通話したい時は基本的にはLINEでの無料通話を使う事が主になると思います。

しかし、どうしても080 , 090 の番号や固定電話にかけなければいけない時やLINEのアプリを入れていない相手の場合に、通話料や通話を安くする方法をご紹介します。

LINEモバイルの通話料

LINEモバイルの音声通話SIMの通話料は、20円/30秒です。

10分通話すると400円かかるので、通話料金自体は高い料金設定です。

この価格は、ほとんどの格安SIMでも同じ料金です。

ちなみに、2017年5月24日から受付開始のドコモのシンプルプランも同じ通話料です。

通話オプション

LINEモバイルの通話オプションは以下です。

オプション 料金
留守番電話 月額300円
割込通話 月額200円
転送電話 無料
国際電話 無料
国際ローミング 無料

国際電話に関しては、別途通話料が発生します。

 

現状LINEモバイルに通話定額は無いが、今夏に提供開始予定

仕事等で、090 / 080 から始まる携帯電話や、会社の電話番号への通話を多くする場合は通話定額のオプションが欲しいという方は多いと思います。

LINEモバイルでは2017年3月の発表によると、今夏にも通話定額オプションを提供開始するようです。

通話料を安くする方法

LINE outを使う

LINE outは、最大5分間の通話が無料になるサービスです。

相手がスマートフォンにLINEのアプリを入れていなかったり、相手にネット環境がない音声回線だけの場合でも利用する事が出来ます。

また、LINE out FREEという広告を見れば通話が無料になるサービスも行っています。

利用方法は、LINEのアプリ内から電話番号を入力するだけです。別のアプリをインストールする必要はないので、非常に楽に利用できます。

 

仕組みとしては、音声通話の回線をそのまま使っているので音質のいい電話が出来ます。

 

 

LINE outでできる無料通話の時間は以下のようになっています。

無料を通話を使い切った後の通話料は、以下です。

料金の詳細はこちら

https://line.me/ja/call/price-table

LINE outの無料通話を超えた場合は、アプリ内やサイトから定額有料プランやプリペイドプランに加入する事で、さらに安く電話をする事が出来ます。また、LINEのコインも料金に当てる事が出来ます。

例えばプリペイドで日本国内への通話なら、1ヶ月間、固定電話や携帯電話への通話が120分使えて720円とお得な料金になります。

注意点としては、LINE outでは警察、消防、救急などの緊急機関への通話ができません。
緊急期間へは通常の電話でかける必要があります。

相手がLINEを入れていない090 ,080の番号だったり、店舗等の固定電話に電話をかける際はLINE outだと通話料が安くなるのでお勧めです。

LINE outは他の格安SIMをはじめ、ドコモ au ソフトバンクでも利用できます。

特に格安SIMでは通話定額が用意されていないものが多いので、組み合わせて使うと節約ができます。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す