mineoのiPhone7の価格より、auに乗り換え一括0円で買った方が安い

Pocket

格安SIMのmineoが、iPhone7、iPhone7Plusを販売開始する事を発表しました。
価格、料金や他キャリアドコモ au ソフトバンクでiPhone7を購入した場合の料金と比較してみました。

mineoのiPhone7/7Plusの価格

iPhone7の価格や保証は以下のようになっています。

iPhone7
2月15日発売
iPhone7Plus
2月15日発売
価格 128GB 78,000円
月3250円× 24回
レッドのみ
89,400円
月3725円 × 24回
レッドのみ
256GB 87,600円
月3650円 × 24回
シルバー,ローズゴールド
99,600円
月4150円 × 24回
ブラック
SIMロック状態 SIMフリー
保証 1年保証に加え、
Apple Care+
Apple Care Protection Plan
のどちらかに加入できる
※mineoの保証サービスは適用できない
テザリング dプラン(ドコモ回線)は可能
aプラン(au回線)は非対応

価格はAppleから直接購入するのと同じ

mineoのiPhone7はApple公式サイトから直接購入する場合と同じ価格になっています。

分割金利が0なので、Appleから購入するよりも若干安い

Appleでは12回払いまでの分割金利が0ですが、それ以上の回数だと金利がかかるので若干支払が多くなってしまいます。
mineoでは大手キャリアと同様に24回払いでも金利が0になりますので、分割では単純に本体価格を24分割して支払になります。

キャリアのようなセット割引はなし

ドコモ au ソフトバンクではiPhoneを購入すると月額割引がついてきますが、mineoの場合は割引は発表されていませんので定価となることが予想されています。

色が限定されている

iPhone7/7Plusともに、128GBモデルはレッドのみとなっています。
256GBモデルでは7ではシルバー、ローズゴールド、7Plusではブラックのみです。

Apple公式サイトでは、iPhone7の256GBモデルはもう売っていないので、mineoもしくは大手キャリアだけで購入できることになります。レッドもApple公式サイトでは販売されていません。

au回線はテザリング非対応

mineoは購入時にドコモとauの回線を選ぶ事が出来ますが、iPhone7にau回線(aプラン)のSIMを利用した場合はテザリングをする事が出来ません。ドコモ回線ではテザリング可能です。

キャリアではiPhone7が乗り換え一括0円なのでmineoより安くなる?

ドコモ、au、ソフトバンクショップの多くの店舗では、iPhone7が乗り換えの場合は端末が一括0円で販売されている事が多くあります。さらに店舗によってはキャッシュバックもつきます。

各キャリアのショップで一括0円で購入した場合と、mineoで定価で購入した場合で、通信料金も含めた合計料金の比較は以下となります。

乗り換えの場合ドコモauソフトバンク各社でiPhone7の割引はつかなくなります。

mineoのプランは、音声回線プランのauプランで試算しています。
データ通信のみの場合はmineoの各プランから610円安くなります。

mineo
aプラン
音声回線
docomo au softbank
iPhone7 128GB 78,000円
月額 3250円
0円 0円 0円
データ3GB以下 1GB:4,560円
3GB:4,660円
2GB:5500円 【ピタットプラン シンプル】
〜1GB:1980円
〜2GB:2980円
〜3GB:3480円
※2年目は+1,000円
【ワンキュッパ割】
1GB:1980円
※プラン変更不可
データ6GB以下 6GB:5,440円 5GB:7,000円 【ピタットプラン シンプル】
〜5GB:4,480円
※2年目は+1,000円
5GB:7,000円
データ10GB 6,380円 【ピタットプラン シンプル】
5GB〜10GB:5,480円
※2年目は+1,000円
20GB 7,840円 7,280円 【フラットプラン シンプル】
4,500円
※2年目は+1,000円
8,000円
30GB 9,760円 9,280円 【フラットプラン シンプル】
6,500円
※2年目は+1,000円
50GB 9,000円

iPhone7本体が0円の場合、30GB以下ならauが最安、それ以上ならソフトバンクが最安

上記の表の通り、30GB以下ならauがどのデータ容量でも最安になります。

mineoのプラン月額料金自体はドコモ au ソフトバンクに比べて遥かに安いですが、iPhone7の機種代金月額3250円が大きいのでキャリアよりも高くなってしまいます。

キャリアの場合は購入サポートで解約金が高くなる事に注意

キャリアの方が月額が安くなる事がわかりましたが、iPhone7に関しては、どのキャリアも購入サポートとして解約金が高くなる代わりに端末代金が安くなるサービスに加入する事になります。

ドコモ・auでは1年以内の解約金、ソフトバンクでは2年以内の解約金が高くなります。

金額はキャリアによりますが通常の解約金+2万5000円〜4万円となりますので注意が必要です。

iPhone7を買うなら、auで乗り換え一括0円で購入して1年後にmineoへ乗り換えるべき

本体代金が0円になるauに乗り換えを行って、購入サポートの解約金が高額にならなくる時期、1年経った後にmineoに乗り換えるのが一番安くなります。

mineoが月額410円になるキャンペーン中

mineoでは、音声通話プラン(デュアルタイプの)月額が6ヶ月間、900円引きになるキャンペーンが開催中です。
割引を適用すると、音声通話プランの最安料金はaプランで410円〜となります。
詳細は以下より
mineo公式サイトはこちら

mineo

Pocket

コメントを残す