UQmobileのデータ残量確認や高速/低速切り換え、契約プラン変更を行う方法

Pocket

UQmobile(UQモバイル)の利用してる際に、パケットデータの残量、高速通信/低速通信の切り換え、契約プランの変更について解説します。方法はサイトとアプリの2種類あり、それぞれをご紹介します。

公式サイトでの確認・変更

まずは公式サイトで手順です。

以下のmy UQ mobileへログインすることで、パケットデータの残量確認、契約プランの確認・変更、料金の確認などを行う事が出来ます。

【my UQ mobile】 https://my.uqmobile.jp/leo-bs-ptl-web/view/PSYSATH001_90/init/

my UQ mobile IDとパスワードが必要になります。

  • my UQ mobile ID:
    お申し込み受け付け時に発行された「受付番号」(半角英数字10桁)
    店舗で契約した場合は、受け取った書類にある、「受付番号」がIDになります。
  • パスワード:お申し込み手続き時に登録した「暗証番号」(半角数字4桁)

高速通信/低速通通信の切り換え・データチャージは専用のサイトから

以下の専用サイトでチャージと高速/低速通信速度の切り換えができます。

https://dc.uqmobile.jp/index

公式アプリ「UQmobile ポータルアプリ」が便利

UQmobileの公式アプリ、「UQmobileポータルアプリ」でもサイトと同様にチャージ、高速/低速通信切り換え、パケットデータの残量確認、契約プランの確認・変更、料金の確認などを行う事が出来ます。

iPhone、Android両方に対応しているので、iPhoneはApp Store、AndroidはGoogle Play Storeからアプリをインストールできます。

以下では、iPhoneアプリ版の画面で利用方法を解説して行きますが、Android版も基本的に同じ操作で可能です。

アプリをインストールして起動すると、ログイン設定の画面になります。

my UQ mobile IDとパスワードを入力すると機能が利用できるようになります。

  • my UQ mobile ID:
    お申し込み受け付け時に発行された「受付番号」(半角英数字10桁)
    店舗で契約した場合は、受け取った書類にある、「受付番号」がIDになります。
  • パスワード:お申し込み手続き時に登録した「暗証番号」(半角数字4桁)

この画面下にある「データ残量通知する」をオンにして「警告通知データ残量」の量を設定すると、設定した残りデータ量を下回った場合にスマホの通知が来るので、データの使い過ぎを防止するのに便利です。

 

データ残量の確認は、画面下の「データ通信」を選択すると見る事が出来ます。

高速/低速通信を切り替えるには、画面内の「高速」「低速」のボタンをタップするだけで可能です。

低速になっている間は、通信速度が0.3Mbps程度となってしまいますが、データ量を消費しないのでパケットを節約したい時に利用するのがおすすめです。
低速の状態でも、LINEや乗り換え検索、メールなどの文字メインのサービスであれば問題なく利用できます。

契約内容の変更・料金の確認は、「my UQ mobile」タブから行う事が出来ます。

契約プランの変更は、申請した翌月から適用にになります。

データのチャージも、タップで簡単に行う事が出来ます。

ウィジェットが特に便利

iPhone、Androidともにウィジェットに対応していて、ウィジェット登録をすると、アプリを開かなくてもデータ残量を確認でき、高速通信のオン/オフもタップで切り替える事ができます。

Androidでは、通知領域からも高速通信(ターボ)のオン/オフの変更が出来ます。

Android版ではタイマーターボ機能もある

タイマーターボ設定変更機能とは、ターボ機能スイッチで通信を高速モードに切り替えた際に、任意で選択した時間で自動的に節約モードに切り替えます。これにより、「高速モード」の使い過ぎを防止することができます。
※インターネット接続環境やスマホ本体の設定や状態によっては自動切換えができない場合があるようです。

高速通信をオフにするのを忘れてパケットを消費してしまわないようにできるので、データ量を節約したい方には便利な機能です。

Pocket

コメントを残す