2015年 9月 の投稿一覧

auのVoLTE端末は格安SIMで利用できない

Pocket

VoLTEとは?

VoLTEの効果を一言で言うと、「通話の品質が良くなること」です。
仕組みは、LTEのインターネット回線を通話用にも利用することで、よりきれいな音質を実現しています。
また、従来のLTE端末では、通話時に3G回線に回線に切り替えて通話を行っており、通話しながらのネット閲覧等はWi-Fiを利用しなければできませんでしたが、
VoLTEでは、通話しながらネット通信を同時に行うことが可能になります。

VoLTE対応端末の注意点

au系の格安SIMを利用する際の注意点として、

「auのVoLTE端末は現在(2015/9/28)格安SIMで利用できない」

という落とし穴があります。
特に新しい機種では、Xperia Z4 やGalaxy S6などがVoLTE対応機種になります。
auのVoLTE端末一覧はこちら

au系の格安SIMを提供する会社は、mineoとUQ mobileの2社ですが、現時点(2015/9/28)は2社ともVoLTE対応のSIMは発売していません。
mineoに関しては公式ブログにて、

※ちなみにauVoLTE用SIMに関しては、11月目途でリリース予定です!

http://www.mvno-navi.com/news/mineo-20150818-2.html
というアナウンスがありますので、11月には利用可能になりそうです。

auのSIMでも、VoLTE対応端末同士、非対応端末同士でしかSIMは差し替える事はできない

auのスマートフォンでは、SIMの差し替えが基本的に自由なので
SIMのサイズさえ同じであれ別の端末に指して使う事ができます。
ただし、auから直接契約した場合もau系の格安SIMの場合も、VoLTE端末で利用しているSIMはVoLTE非対応機種で利用する事が出来ません。

例えば、
・Xperia Z3(VoLTE非対応)で使っているSIMをHTC J butterfly(VoLTE非対応)に指して使う事は、○可能。
・Xperia Z4(VoLTE対応)で使っているSIMをXperia Z3(VoLTE非対応)に指して使う事は、×不可能。

ということになります。

Pocket

携帯・スマホのIMEIとネットワーク利用制限

Pocket

携帯・スマホを中古で売買する場合に重要なのが、ネットワーク利用制限が「○」(利用可能)になっているかどうか。

ネットワーク利用制限とは、主に盗難された端末や、端末の分割料金が未払いの端末の通信が利用できなくなる制限のことです。

そして、ネットワーク利用制限がかかっているかどうかを確認するために、端末固有の番号、IMEI、「国際移動体装置識別番号(端末識別番号)」が必要になります。

携帯を中古で販売する際には端末のネットワーク利用制限が「○」(利用可能)になっていない場合は値段が下げられてしまう場合があります。
また、買う際にもネットワーク利用制限が「○」になっていない物を買ってしまうと、いざSIMを指しても通信が出来ない可能性がありますので要注意です。

通常フリマやオークションサイトでは、IMEIの情報も公開して出品している人が多いですが、もし公開されていない場合は買う前に出品者に確認するのがいいでしょう。

実際にネットワーク利用制限を確認した画面はこのようになります。(auの場合)
ネットワーク利用制限携帯電話機照会

IMEIの調べ方

【iPhoneの場合】
設定 -> 一般 -> 情報 を進んで行き、
IMEI MEID ICCID
の欄に記載されています。
iPhone5,5c,5s,6,6plusでは、本体の裏側にも記載されています。
iphone6-imei-back-device

【Androidの場合】
設定 -> 端末情報 -> 機器の状態
の画面に記載されています。

ネットワーク利用制限の調べ方

IMEIがわかっている場合は、キャリアごとに以下のページで調べることができます。

【docomo】
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/search.php

【au】
http://www.au.kddi.com/support/mobile/network-riyoseigen

【softbank】
https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

ネットワーク利用制限を○にする方法

ネットワーク利用制限を○にする方法は単純で、
 
 ・端末の分割支払いを完済する。

です。分割ではなく一括支払いで購入した場合は契約後すぐに○になります。
もし、端末の支払いが終わっているにもかかわらず○になっていない場合は、サポートダイヤルに電話して○に変更してもらいましょう。

Pocket

auウォレットは残高が減らない場合があるのでご注意

Pocket


便利なプリペイドカード、au WALLETですが、カードの残高が減らないという状態に陥ることがあるようです。

基本的な残高の確認方法は、
スマホからは、WebMoneyの公式アプリもしくは、au WALLETのアプリ、
PCからはau IDで公式サイトにログインすると確認することが出来ます。

続きを読む

Pocket

auのMNP購入サポート特約はパケット外しても運用可能

Pocket

MNP購入サポート特約

auでもdocomoやsoftbankのように、端末の短期解約で解除料金が発生する制度、「MNP購入サポート特約」が 2015/9/10 より開始されました。

現在 2015/9/21 ではMNP購入サポート特約の対応機種は、
最新機種の
・XperiaZ4(SOV31)
・Galaxy S6 edge(SCV31)
となっています
そのおかげで、一括0円で早くもキャッシュバックがつく状態になっています。

解除料金は、

契約からの経過月 解除料金
1ヶ月目 30,000円
2ヶ月目 28,650円
3ヶ月目 27,300円
4ヶ月目 25,950円
5ヶ月目 24,600円
6ヶ月目 23,250円
7ヶ月目 21,900円
8ヶ月目 20,550円
9ヶ月目 19,200円
10ヶ月目 17,850円
11ヶ月目 16,500円
12ヶ月目 15,150円

となっています。

auはパケット定額を外してもOK

auでは、docomoやsoftbankと違い、パケット定額をはずしてもMNP購入サポート特約の解除料金が発生しないので、最低月額は
・1008円[LTEプラン]
と安く維持をすることができます。
キャッシュバックや端末の売却価格を考えると、1年間寝かせるとしてもいい条件ですね。

au端末を持っているユーザーはmineoが月額100円で使えるキャンペーン中なのでお得です!2015年10月末まで!

Pocket

9月シルバーウィークのMNP一括0円情報

Pocket

9月は決算月ということもあり、シルバーウィークに合わせてMNPのキャッシュバックも多めにでるかなぁ?
っと期待していましたが、正直8月までと大きく変わらないそうですね。
iPhone6sがもうすぐ発売なので各社とも6は今までよりキャッシュバック額が上がっていますが、金額的にはAndroidの方が良いですね。

【docomo】
Androidは2台MNPで一括0円、5万円程度のキャッシュバックのようです。
iPhone6(16GB)では2台MNPで一括0円、3万円程度のキャッシュバックのようです。

【au】
Android端末の2台セットMNP一括0円、で10万円前後のキャッシュバックがあるようです。(下取りありの場合)
iPhone6(16GB)では2台MNPで一括0円、5万円程度のキャッシュバックのようです。
また、新しい機種では、XperiaZ4とGalaxyS6が早くも一括0円の仲間入りしたようです。
(※上記2機種はauの端末購入サポート対象のために安くなっているので、12か月以内の解約で違約金が高額になってしまいます。)

【softbank】
iPhone6(64GB)では2台MNPで一括0円、3万円程度のキャッシュバックのようです。
端末購入サポートの期間が長いので、MNP利用には適していませんが、通常利用で長く使うのであればありかもしれません。

Pocket

auのAndroidでパケット定額を外してメールだけで使える?

Pocket

auのAndroidでパケット定額を外した場合でもメールの運用が利用できるのかを調べてみました。

筆者は今までauのガラケー使い、パケット定額を外して@ezweb.ne,jpのEメールと電話のみの運用をしていました。(ネットやLINEはサブ回線のスマホ)
その場合、ガラケーの料金はプランEシンプル基本料金(743円)と、EZweb(300円)、ユニバーサル使用料(2円)なので、月1,000円程度で運用できました。プランEシンプルでは、Eメールの通信料は無料なので、何通メールをしてもパケット料金は0円でした。

この運用を、Androidのプラン(基本料金:1,008円のプラン)でも可能かどうかauのサポートダイヤルに問い合わせてみると…

結論は 「不可能」 でした。

Androidで@ezweb.ne.jp のEメールを普通に使うには、パケット定額をつけないと料金が高額になる危険性があるとのこと。

主な理由としては、以下の二つ。

  • AndroidのプランだとEメールの通信料が無料にならないため、画像や動画が送られてきた場合などにパケット料金が高額になる恐れがある。
  • Wi-Fi環境でEメールを受信することは可能だが、初回設定時はWi-Fiではなくauのモバイルネットワークへの接続が必要。

Eメールの通信が無料にならない時点で、基本料金だけで運用する可能性は消えてしまいましたね。
Wi-Fi環境でのメールの送受信は可能なので、初回だけau回線の通信をして設定すれば、そのあとはWimaxやポケットWi-Fiでの通信も可能なようです。

また、auはEメールをウェブから確認・送信できるのでパソコンから送受信だけしたい人には便利ですね。

Pocket

iPhone6sをキャリアで購入した場合の料金まとめ

Pocket

昨日(2015/9/12)、大手3キャリア(docomo au softbank)でのiPhone6sの価格が発表されました。
そこで、それぞれで購入した場合の料金をまとめてみました。

iPhone6sの端末料金はこちら、月額料金はこちらを参照して計算しています。

※通話はカケホーダイプランでの計算です。

新規

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,100円/月
5GB 8,640円/月
8GB 11,880円/月

機種変更

docomoは新規、機種変更の場合の料金は同じ金額です。
下取りプログラムを利用した場合は、下記料金よりさらに割引があります。

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,100円/月
5GB 8,640円/月
8GB 11,880円/月

乗り換え(MNP)

MNPの場合、基本使用料1年間半額の「ドコモにチェンジ割」がありお得です。

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 6,102円/月
5GB 6,642円/月
8GB 9,882円/月

新規

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,640円/月
5GB 9,180円/月
8GB 12,420円/月

機種変更

docomoは新規、機種変更の場合の料金は同じ金額です。
下取りプログラムを利用した場合は、下記料金よりさらに割引があります。

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,640円/月
5GB 9,180円/月
8GB 12,420円/月

乗り換え(MNP)

MNPの場合、基本使用料1年間半額の「ドコモにチェンジ割」がありお得です。

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 6,642円/月
5GB 7,182円/月
8GB 10,422円/月

iPhone6sの端末料金はこちら月額料金はこちらを参照して計算しています。

※通話はスーパーカケホプラン(5分以内の通話が無料 月額1,836円)での計算です。

新規

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
3GB 7,336円/月
5GB 8,230円/月
8GB 10,066円/月
10GB 11,470円/月

機種変更の場合

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
3GB 7,771円/月
5GB 8,635円/月
8GB 10,471円/月
10GB 11,875円/月

乗り換え(MNP)

乗り換えの場合は、auにかえる割スーパーが適用されるのでお得です。

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
3GB 7,336円/月
5GB 7,430円/月
8GB 8,366円/月
10GB 9,770円/月

※通話はスーパーカケホプラン(5分以内の通話が無料 月額1,836円)での計算です。

新規

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
3GB 7,901円/月
5GB 8,765円/月
8GB 10,601円/月
10GB 12,005円/月

機種変更の場合

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
3GB 8,306円/月
5GB 9,170円/月
8GB 11,006円/月
10GB 12,410円/月

乗り換え(MNP)の場合

乗り換えの場合は、auにかえる割スーパーが適用されるのでお得です。

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
3GB 7,901円/月
5GB 7,965円/月
8GB 8,901円/月
10GB 10,305円/月

iPhone6sの端末料金はこちら月額料金はこちらを参照して計算しています。

※通話はパケット2GBの場合はスマ放題(月額2,916円)、5GB以上の場合はスマ放題ライト(5分以内の通話が無料 月額1,836円)での計算です。

新規

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 7,668円/月
5GB 8,208円/月
10GB 11,448円/月

機種変更

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,085円/月
5GB 8,625円/月
10GB 11,865円/月

乗り換え(MNP)

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 7,668円/月
5GB 7,408円/月
10GB 9,748円/月

※通話はパケット2GBの場合はスマ放題(月額2,916円)、5GB以上の場合はスマ放題ライト(5分以内の通話が無料 月額1,836円)での計算です。

新規

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,208円/月
5GB 8,748円/月
10GB 11,988円/月

機種変更

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,625円/月
5GB 9,165円/月
10GB 12,405円/月

乗り換え(MNP)

パケットのプラン 機種代も含めた月額料金
2GB 8,208円/月
5GB 7,948円/月
10GB 10,288円/月

キャッシュバックのある店舗で購入するとさらにお得!

Pocket

SIMフリーiPhone6sを格安SIMで使った場合の料金

Pocket

SIMフリー版iPhone6sを格安SIMで使った場合の料金を計算してみました。
まずは、SIMフリー版iPhone6sの価格から。

SIMフリー版iPhone6sの価格

16GB 86,800円
64GB 98,800円
128GB 110,800円

(料金は税抜きです。)
今回は64GB、98,800円での料金試算を行います。

次は格安SIMと通信契約に関する料金です。
格安SIMは業界最安値のDMMモバイルで、通話込みのパケット3GBのプランで試算します。

新規契約の場合は、シンプルにDMMモバイルの料金とiPhone6sの料金のみなので、以下となります。

条件は、
・DMMモバイルの通話込みのパケット3GBのプラン
・iPhone6sは64GBモデル
・MNPではなく新規で契約
での試算です。

DMMモバイル
初期費用
3,000円
DMMモバイル
月額料金(通話込 3GB)
1,500円
iPhone6s 64GB 98,800円
2年間使った場合の合計費用 137,800円
2年間使った場合の月額換算 5,741円/月

(料金は税抜きです。)

MNP(既存の携帯番号のまま移転)で格安SIMを契約する場合

既存の携帯番号をMNPで移転して格安SIMを使う場合は「契約解除料」と「MNP転出料」の2つが支払に加わります。

「契約解除料」とは…
各大手キャリアの場合は2年縛りですので、2年おきに1ヶ月間だけ無料、それ以外の場合は9,500円かかります。

「MNP転出手数料」とは…
docomo:2,000円
au:2,000円
softbank:3,000円
となります。

計算の条件は、
・DMMモバイルの通話込みのパケット3GBのプラン
・iPhone6sは64GBモデル
・docomo,auから移転した場合
での試算です。

DMMモバイル
初期費用
3,000円
DMMモバイル
月額料金(通話込 3GB)
1,500円
iPhone6s 64GB 98,800円
契約解除料 9,500円
MNP転出手数料 2,000円
2年間使った場合の合計費用 149,300円
2年間使った場合の月額換算 6,220円/月

(料金は税抜きです。)

契約解除料金を含める場合は、6,220円になるので、格安SIMのイメージより値段はしますね。もちろん原因はSIMの料金ではなく、iPhone6sの値段のせいですが^^;

Pocket