android

Pocket

Pocket

解約後もSIMロック解除できるのか?などSIMロック解除の疑問を調べてみた

Pocket

SIMロックとは、スマートフォン、携帯電話の端末の設定で利用するSIMをキャリアを制限することです。
例えばdocomoで購入した端末はdocomoのSIMでしか通信を行う事が出来ず、auやsoftbankのSIMを指しても利用できません。
SIMロックの解除とは、他社のSIMでも利用できるようには端末のSIMを行う事です。

最近話題の格安SIMのショップでセット販売されているスマートフォンは、SIMロック解除されている(通称SIMロックフリー)のものがほとんどなのでどの通信会社のSIMを指しても利用できますが、docomo au softbankの大手三大キャリアではすべてSIMロックされた状態でスマートフォンが販売されています。

そこで、docomo au softbankでのSIMロックの解除はいつ可能か、どのような手続きが必要か、手数料などの疑問を各社それぞれで調べてみました。

続きを読む

Pocket

【速報】auのXperia Z3 にAndroid5.0が利用可能に!

Pocket

本日、auのXperia Z3でAndroid5.0へのアップデートができるようになりました!

au公式サイト
http://www.au.kddi.com/information/notice_mobile/update/update-20151124-02/

sony公式サイト
http://www.sonymobile.co.jp/product/update/docomo/lollipop/

アップデートファイルサイズは750MB、Wi-Fiでも約35分かかるようです。

アップデートの注意点

・アップデートを行うとAndroid4.4に戻すことはできない
・アップデート中は電話やネット閲覧、メール送受信などすべての操作が出来ない
・アップデート中絶対に本体の電源をOFFにしない
・電池残量が十分な状態(フル充電)で実施すること
・アップデートファイルの通信量が大きいのでなるべくWi-Fi接続状態でアップデートする
・念のためバックアップをしてからアップデートする

バックアップの方法(au)

backup_au
auバックアップアプリを使えば、SDカードにデータをバックアップすることができるので便利です。
http://cs.kddi.com/support/backup/pr/index.html
アドレス帳、メール、カレンダー、写真やムービー、インストールしたアプリなど
基本的なデータはすべてバックアップできます。

主な変更点

電話帳アプリ
address_ui

通知とクイック設定画面
以前は、画面上から下にスワイプすると通知画面、その右側にクイック設定画面がありましたが、
更新後は画面上から下にスワイプすると通知画面、さらにもう一度上から下にスワイプするとクイック設定画面になります。
quick_ui

Pocket

auのVoLTE端末は格安SIMで利用できない

Pocket

VoLTEとは?

VoLTEの効果を一言で言うと、「通話の品質が良くなること」です。
仕組みは、LTEのインターネット回線を通話用にも利用することで、よりきれいな音質を実現しています。
また、従来のLTE端末では、通話時に3G回線に回線に切り替えて通話を行っており、通話しながらのネット閲覧等はWi-Fiを利用しなければできませんでしたが、
VoLTEでは、通話しながらネット通信を同時に行うことが可能になります。

VoLTE対応端末の注意点

au系の格安SIMを利用する際の注意点として、

「auのVoLTE端末は現在(2015/9/28)格安SIMで利用できない」

という落とし穴があります。
特に新しい機種では、Xperia Z4 やGalaxy S6などがVoLTE対応機種になります。
auのVoLTE端末一覧はこちら

au系の格安SIMを提供する会社は、mineoとUQ mobileの2社ですが、現時点(2015/9/28)は2社ともVoLTE対応のSIMは発売していません。
mineoに関しては公式ブログにて、

※ちなみにauVoLTE用SIMに関しては、11月目途でリリース予定です!

http://www.mvno-navi.com/news/mineo-20150818-2.html
というアナウンスがありますので、11月には利用可能になりそうです。

auのSIMでも、VoLTE対応端末同士、非対応端末同士でしかSIMは差し替える事はできない

auのスマートフォンでは、SIMの差し替えが基本的に自由なので
SIMのサイズさえ同じであれ別の端末に指して使う事ができます。
ただし、auから直接契約した場合もau系の格安SIMの場合も、VoLTE端末で利用しているSIMはVoLTE非対応機種で利用する事が出来ません。

例えば、
・Xperia Z3(VoLTE非対応)で使っているSIMをHTC J butterfly(VoLTE非対応)に指して使う事は、○可能。
・Xperia Z4(VoLTE対応)で使っているSIMをXperia Z3(VoLTE非対応)に指して使う事は、×不可能。

ということになります。

Pocket

auのAndroidでパケット定額を外してメールだけで使える?

Pocket

auのAndroidでパケット定額を外した場合でもメールの運用が利用できるのかを調べてみました。

筆者は今までauのガラケー使い、パケット定額を外して@ezweb.ne,jpのEメールと電話のみの運用をしていました。(ネットやLINEはサブ回線のスマホ)
その場合、ガラケーの料金はプランEシンプル基本料金(743円)と、EZweb(300円)、ユニバーサル使用料(2円)なので、月1,000円程度で運用できました。プランEシンプルでは、Eメールの通信料は無料なので、何通メールをしてもパケット料金は0円でした。

この運用を、Androidのプラン(基本料金:1,008円のプラン)でも可能かどうかauのサポートダイヤルに問い合わせてみると…

結論は 「不可能」 でした。

Androidで@ezweb.ne.jp のEメールを普通に使うには、パケット定額をつけないと料金が高額になる危険性があるとのこと。

主な理由としては、以下の二つ。

  • AndroidのプランだとEメールの通信料が無料にならないため、画像や動画が送られてきた場合などにパケット料金が高額になる恐れがある。
  • Wi-Fi環境でEメールを受信することは可能だが、初回設定時はWi-Fiではなくauのモバイルネットワークへの接続が必要。

Eメールの通信が無料にならない時点で、基本料金だけで運用する可能性は消えてしまいましたね。
Wi-Fi環境でのメールの送受信は可能なので、初回だけau回線の通信をして設定すれば、そのあとはWimaxやポケットWi-Fiでの通信も可能なようです。

また、auはEメールをウェブから確認・送信できるのでパソコンから送受信だけしたい人には便利ですね。

Pocket