のんさん出演 LINEモバイルCMの曲名と広告戦略

Pocket

2017年3月14日から、のん(能年礼奈)さんが出演するLINEモバイルのテレビCMが放送されています。

CMに使われているまったりとした曲の名前は?誰が歌っているの?

という声がネットで多く見られました。

LINEのCM戦略も合わせてご紹介します。

LINEモバイルCMの曲名はエイリアンズ、歌っている歌手はキリンジ

エイリアンズがリリースされたのは2000年、17年前の曲です。

この曲は秦基博やハナレグミにもカバーされたことのある曲です。

キリンジは、元々は兄:堀込高樹と弟:堀込泰行の兄弟グループ。

エイリアンズが発表された当時は2人組でした。

しかし2013年に弟の堀込泰行が脱退した後、兄高樹はメンバーを増やし現在キリンジは5人で活動しています。

CMの広告戦略

これまでLINEモバイルは2本のCMを放送しています。

LINEモバイル初めてのCM放送は、記事冒頭でも紹介した3月14日開始のもの。
キリンジの音楽が流れるなか、のんさんの姿を全面に押し出し、15秒間に出てくる言葉は

「愛と革新」

「LINEモバイル」

の2つだけ。

1本目のCMでは、格安SIM特徴である料金の安さやサービス内容を一切見せずに、のんさんの知名度・インパクトを利用し、まずはサービス名を知ってもらうという目的の広告であったと考えられます。

そして、2本目のCMは4月1日から放送開始した以下のような動画です。

2本目でも音楽はキリンジのエイリアンズが使用されています。

2本目では、

「LINE・SNS使い放題」

「月額1,110円〜」

というのん(旧 能年礼奈さん)さんの声とともに文字が表示されています。
この2本のCMから、LINEモバイルは明確な戦略を元にCMを放送している事がわかります。

  • サービスの名前の認知を広めるため、有名タレントを起用する
  • 1本目のCMはサービス内容を一切伝えずタレントと音楽の力で注目を集めることに注力
  • 2本目のCMで初めて料金とサービスの概要を伝える

おそらく今後3本目の以降のCMでは、

「より明確に格安SIMの安さを押し出す」

という手を打ってくる事が予想できますが、どんなCMを作ってくるのか注目したいと思います。

LINEモバイル公式サイト

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す