ワイモバイル、9月からデータ容量が1.5倍にアップでよりお得に

Pocket

ワイモバイルは、9月1日から各プランの容量をアップすることを発表しました。料金はそのまま据え置きなのでお得になるといえます。

ワイモバイルのデータ容量が9月1日から1.5倍に増加の内容

ワイモバイルは3つのプランがあり、それぞれ2年間はデータ容量増加オプションが無料となっていて、Sプランが1GB → 2GB、Mプランが3GB → 6GB、Sプランが7GB → 14GB、となっていました。3年目からは月500円を支払うとデータ量をそのまま維持できました。

変更後は、Sプランが2GB → 3GB、Mプランが6GB → 9GB、Sプランが14GB → 21GB、となります。
また、データ容量増加はこれまで2倍になっていたものが、1.5倍に変更となりました。

料金はこれまで通り、

  • Sプラン:1年間1980円、2年目以降2980円
  • Mプラン:1年間2980円、2年目以降3980円
  • Lプラン:1年間4980円、2年目以降5980円

のまま据え置きとなります。

Sプラン
1980円
※2年目は1000円増
Mプラン
2980円
※2年目は1000円増
Lプラン
4980円
※2年目は1000円増
変更前
※()内はデータ容量オプション利用前
2GB
(1GB)
6GB
(3GB)
14GB
(7GB)
変更後
※()内はデータ容量オプション利用前
3GB
(2GB)
9GB
(6GB)
21GB
(14GB)

既に契約しているユーザーも対象

このデータ量の増量は既にワイモバイルを契約しているユーザーも対象になります。9月1日から自動的にデータ量がアップするので手続きは特に必要ありません。

格安SIMへの対抗か

ワイモバイルはかけ放題が必ずついているので、かけ放題が必要ない場合、かけ放題をなしにできる他社の格安SIMに比べて割高になるのがネックとなっていました。今回のデータ容量を1.5倍としたことは他の格安SIMへの対抗という意味合いが読み取れます。

> ワイモバイル公式サイトはこちら

Pocket

携帯スマホの料金相談や質問を受付中です

「現在のキャリア」「現在のプラン(GB数)」「お住まいの地域(都道府県)」も記入頂くとより最適な回答ができます。

*