ドコモの下取りプログラム、金額やルール変更について

Pocket

 

ドコモの下取りプログラムの概要や、条件を解説します。

また、ルール変更や下取り金額の変更についても随時ご紹介します。

ドコモの下取りプログラムとは

ドコモの下取りプログラムとは、機種変更や新規、MNPでドコモ携帯を購入した際に、今まで持っていた端末を下取りに出すとポイントが貰える仕組みの事です。

Androidでは最大22000円分、iPhoneは最大30000円分のポイントを貰う事が出来ます。

ドコモの下取りプログラムは現金を貰える訳ではなく、あくまえポイントや機種代金の値引きでの還元となります。

新規・MNPでドコモと契約する場合は他社端末(au Softbank Y!mobile)の下取りも可能ですが、MNPの場合はその回線の端末(auからのMNPならauで購入した端末)が必要です。

下取りの条件

  • 下取りは1回線につき1台まで
  • 下取り申込みする自回線の機種購入履歴に登録されており、その購入において不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと
  • ネットワーク利用制限がかかっていない
  • 故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること
  • 改造していない
  • 機種の所有権を有していること(自分の持っている端末である事)
  • 電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと
    下取りはあくまで本体のみです。
    箱や付属品、充電器、ケーブルを下取りに出す必要はありません。

ポイントは購入時の機種代金から割引が可能、余ったらポイントとなる

もらえるポイントはその場で機種代金から割引が可能です。

もし、下取り端末が10000円分で、購入する機種が5000円の場合、余った5000円分はドコモのdポイントとして貯まるようになっています。

ポイントを現金化する事はできません。

バックアップは必要

下取りに出すと端末は返ってきませんので、データのバックアップは必ず行っておきましょう。
また、端末は初期化しておく必要があります。

白ROMも下取りに出す事は可能

下取りに出す端末に関しては、中古で販売されているキャリアのスマートフォン、通称白ROMを出す事も可能です。

しかし、機種変更での下取りは「自回線の機種購入履歴に登録されており」という条件がありますので自分で契約していたドコモ端末以外は下取りに出す事はできません。

新規もしくはMNPでは他社端末の白ROMを下取りに出す事が出来ます。
※ただし、MNPではMNPする転入元のキャリアで販売された端末である必要があります。

下取りプログラムでもらえるポイント

機種によって下取りの金額(ポイント)は異なります。

下取りできる端末は、キャリアから販売されているスマートフォンで、SIMフリーの状態で売っている格安スマートフォンは下取りできません。

また、ドコモでの下取り価格は1ヶ月ごとに変化しています。

新しい機種や販売価格の高い機種ほど高い金額での下取りとなります。

iPhoneに関しては、画面割れの場合は大きく減額され、割れていないものと比べて1/3程度の価格になってしまいます。

Androidの下取り価格

iPhoneの下取り価格

7月1日から金額が減額

基本的に、下取りは古い機種からどんどん値段が下がっていきます。
7月1日からの主な変更としては、iPhone5S、Xperia Z3の減額です。

iPhone5S:15000円 => 11000円
Xperia Z3、Xperia Z3 Compact:22000円 => 17000円

ルール変更

2017年6月から新規(MNP)では後日の下取り不可能に

2017年6月からルール変更が行われました。

追加されたルールは以下です。

  • 他社対象機種の下取りについては、新規契約(MNP含む)日以降の後日のお申込みはできません。

今までは、新規やMNPの場合は後から他社端末の下取りを出す事が出来ました。

しかし変更後は購入日しか下取りに出す事が出来ないので、購入前に端末を準備する事が必要になりました。

機種変更の場合は自分が購入した端末のみとなる

これまで、機種変更ではドコモの携帯電話であれば自分の持っていないものでも可能でしたので、中古の白ROMや家族の端末でも可能でしたが、「自回線の機種購入履歴に登録されており」という条件が追加された事により、自分が利用していた履歴のある端末しか下取りに出せないと言う事になりました。

今までは、白ROMの価格とドコモの下取り価格の差を利用して、白ロムで買った物を下取りに出せばポイント分を儲けるということができたのですが、その対策であると思われます。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す