ドコモのiPhone8機種変更一括0円は安いのか?乗り換えキャッシュバックと比較

Pocket

ドコモのiPhone8が新規・機種変更・乗り換えですべて一括0円になっています。従来は乗り換えの方が大幅に安かったのですが機種変更でもそれに近い安さになりました。ドコモユーザーの方が乗り換える場合と機種変更で、月額や費用やそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

ドコモのiPhone8が機種変更でも一括0円に

都内の大手家電量販店では、ドコモのiPhone8が「端末購入サポート」適用になったことにより新規・機種変更・乗り換えすべてで一括0円で販売されています。

これにより、従来では乗り換えの方が安かったiPhone8が、機種変更でも同等の安さとなっています。

乗り換えと機種変更、結局どちらが安いの?

家電量販店でiPhone8 64GBをプランはデータ3GB かけ放題は無しのプランで、24ヶ月の合計料金を比較すると

  • ドコモの機種変更でiPhone8を購入:
    142,427円(税込)
  • ドコモからauへのMNP乗り換えでiPhone8を一括0円キャッシュバックで購入:
    125,821円(税込)

を比較すると、

結論はMNPでauへ乗り換えの方が1万6000円ほど安い

となります。

ただし、1万6000円の差を24ヶ月で割ると月換算だと600円ほどと大きな差ではないので、ドコモユーザーで乗り換えが面倒な方にとってはiPhone8の一括0円はとてもお得であることは間違いありません。

それぞれの料金計算の内訳は以下でご紹介します。

ドコモiPhone8を機種変更した場合の費用

ドコモ機種変更の場合

ドコモのiPhone8は現在(2019年3月)機種変更でも購入サポート対象なので月々サポートがありません。
条件として、ヤマダ電機では有料コンテンツ合計5570円分に加入する必要があります。 (店舗によって有料コンテンツやオプション条件は変わります。)
頭金はありませんでした。

端末代金は

ドコモ
iPhone8 64GB
端末代金 一括
0円
オプション 5,570円(税込)

月額は

月々サポート
24ヶ月間
無し
購入サポート
月額プラン
ベーシックパック
3GB未満
4000円(税抜)
通話シンプル 980円(税抜)
SPモード 300円(税抜)
月額税込 5,702円(税込)
24ヶ月分の月額 136,857円 (税込)

24ヶ月の合計費用は

iPhone8 64GB
端末代金一括
0円
オプション 5,570円(税込)
24ヶ月分の月額 136,857円 (税込)
ドコモ 合計 142,427円(税込)

auのiPhone8へ乗り換え一括0円 キャッシュバックでの費用

家電量販店でauへ乗り換える場合、iPhone8は一括0円 キャッシュバック(ポイント)が2万円〜5万円出ています。
(※時期やお店によってキャッシュバック額は異なります。)

auのiPhone8は現在乗り換えで購入サポートの対象ではありません。

本体は0円なので

iPhone8 64GB
端末代金 一括
0円
キャッシュバック -20,000円

元の携帯会社(キャリア)での違約金やMNP転出手数料、auでの初期費用をまとめると

違約金 9500円
MNP手数料 2000円
ドコモからの場合
au初期費用 3000円
乗り換え諸費用
小計
16740円(税込)

違約金は更新月の場合は無料になります。

auの月額はピタットプランでデータ3GB未満、かけ放題なしだと4980円となります。

ピタットプラン
3GB未満
シンプル
4,980円(税抜)
24ヶ月の月額 129,081円(税込)

すべて合計すると

iPhone8 64GB
端末代金一括
0円
キャッシュバック -20,000円
乗り換え諸費用 16740円(税込)
24ヶ月分の月額 129,081円(税込)
au 合計 125,821円(税込)

機種変更と乗り換えのメリットとデメリット

それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

ドコモiPhone8機種変更のメリット デメリット

  • 機種変更の場合は乗り換えに比べて手続きが楽で早く契約が完了する
  • ドコモのメールアドレスもそのまま使える
  • iPhone8は購入サポートなので13ヶ月以内の解約や機種変更で高額な違約金になる
    通常の解約金9500円に追加で34668円(税込)の違約金がかかります。
  • 格安SIMへ乗り換えて月額を安くする方法を取る場合でも購入サポートの違約金により14ヶ月目以降になる

auのiPhone8へMNPで乗り換えるメリット デメリット

  • 本体0円でキャッシュバックを行なっているお店もあり合計金額が安くなる
  • auのiPhone8は購入サポートではないので高額な違約金にならない
  • (短期解約ブラックにならない)おおよそ半年後に格安SIMに乗りかえるとさらに月額が安くなる
  • ドコモのメールアドレスが無くなる
  • 機種変更に比べて乗り換えはMNP予約番号の取得や審査などで手続きに時間がかかる

まとめ

iPhone8を24ヶ月の料金で比較すると、auへの乗り換えの方がお得にはなりますが、月額換算すると1000円以下の差となります。ドコモを長期利用するつもりで、乗り換えの手続きが面倒な方は機種変更一括0円もありといえます。今後格安SIMに乗り換えて月額もさらに安くしたい予定の方は、購入サポートのないauへの乗り換えがお得になります。

Pocket

携帯スマホの料金相談や質問を受付中です

「現在のキャリア」「現在のプラン(GB数)」「お住まいの地域(都道府県)」も記入頂くとより最適な回答ができます。

*