iPhone7の一括0円情報と、最安運用する方法

Pocket

先日、もっていたauとsoftbankの回線を、ドコモへMNP(ナンバーポータビリティ)することで、iPhone7を一括0円(無料)で2台購入して、さらに月額の利用料金を1000円以下にすることができたので、その方法を紹介します。

【今月はチャンス!2017年9月のiPhone7、一括0円、実質0円の動向】

9月はスマホが最も安くなる時期になります。
(9月は半期の締め、3月は年度末、12月は年末で各社売り上げをアップのために安売りが多くなります。)

実際9月に入り、docomo au Softbankの販売ショップでは、twitterにて「一括0円」という表記がかなり増えてきました。

今までは「一括◯円」「一括特価」などと少しぼかした表現が多かったのですが、ハッキリ0円という表記が増えたのでお店を探しやすい状態になっています。スマホならtwitterのアプリ検索、PCの場合はYahoo!のリアルタイム検索を利用して探すと便利です。
条件はMNPなので純粋な新規や機種変更では0円のショップはありません。

9月13日、新しいiPhone8とiPhoneXが発表されたこともあり、iPhone7の在庫処分が始まりより安くなっています。

容量はiPhone7の256GBでも0円のショップもでてきています。

したがって、iPhone7は安い店舗が多い今のうちに購入してしまうのが良いでしょう。

docomo SotfBankでは9月1日からMNPでは端末購入サポートとなり、iPhone7の月々サポートが無くなりました。auでは、9月15日から購入サポートとなりましたので、3社それぞれ月額割引は無くなりました。

また、9月はiPhone以外のAndroidスマートフォンも安くなるチャンスの時期なので、ショップの安売り情報は常にチェックしておきましょう。

下記のキャンペーンならソフトバンクがネット注文でiPhone7が一括0円、キャッシュバック35000円となります。

ソフトバンクなら、iPhone7が一括0円でキャッシュバック35000円、Xperiaが一括0円で月額254円、などのキャンペーン中! しかもネットですべて注文できるので楽!

また、iPhone8やiPhoneXの予約や在庫をゲットする方法や、キャッシュバックキャンペーンは以下でご紹介しています。

iPhone8とiPhoneXの予約方法

iPhone8のキャッシュバックキャンペーン

 

【2017年8月のiPhone7、一括0円、実質0円の動向】

8月に入っても、docomo auではiPhone7の一括0円のショップが増えているようです。

docomoでは8月10日からガラケーからの機種変更の場合のみ端末購入サポートにより1万5000円ほどで購入できるようになりました。(購入サポートなので月々サポートはありません。)

また、新規とMNPの場合はiPhone7とiPhone7 Plusの256GBモデルのみ月々サポートが増額され、
iPhone7(256GB) 2781円 → 3186円(2年間で9720円増加)
iPhone7 Plus(256GB) 2808円 → 3213円(2年間で9720円増加)
となりました。

auでは、iPhone7の32GBはキャッシュバックがつく案件も出てきました。

来月には新しいiPhone8が出る事がほぼ確実と言われているので、今買うかは悩みどころですが、来月にはiPhone7の月額割引(docomoでは月々サポート auでは毎月割)が無くなると思われますので、新機種でなくてもいい、と言う方は今月の月末に買ってしまう事をおすすめします。

【2017年7月のiPhone7、一括0円、実質0円の動向】

7月に入り、ドコモでもiPhone7の32GBであればMNP一括0円のショップが増えてきました。
下取りがある場合は128GBも一括0円となるお店もありました。

auでは下取り込みで128GBが一括0円のショップが増えています。
また、auではガラケーのgratinaとiPhone7の2台セットMNPで一括0円、+キャッシュバック3万円程度のお店も出てきました。

全体の動向としては、9月にiPhoneの新機種が発表されるのはほぼ間違いないので、ショップ側としてはそれまでにiPhone7を安くして売っておきたいという思惑を感じます。

新しいiPhone(iPhone7SやiPhone8)が発売されると、ドコモ・auともにiPhone7が「購入サポート」の対象となることはほぼ間違いないと思われます。「購入サポート」の対象機種になると、端末自体は安くなりますが月額の割引が無くなります。また、購入サポートでは短期解約すると違約金が追加でかかってしまいます。
トータルで見ると購入サポートで買うよりも、購入サポート無しで毎月の割引がある状態で一括0円で購入する方がお得になります。

したがって、9月のiPhone8やiPhone7Sの発表前、7月〜8月に一括0円で購入してしまった方が料金を安くする事が出来ます。

【2017年6月のiPhone7、一括0円、実質0円の動向】

ドコモのiPhone7の一括0円で売っているショップは、2月〜3月はあったものの4月以降はほぼなくなっています。

2017/6月末現在の相場は、安いところで128GBでMNP一括2万円程度なので、下取りが高い端末が出せれば一括0円も可能となっています。

端末のセールは短期間限定で店舗のtwitterに書かれているので、こまめにtwitterで「docomo iPhone7 一括」と検索をしてみるのがおすすめです。

特に携帯の機種代金が安くなるのは、2月、3月、9月、12月なので次の9月には一括0円が増えているかもしれませんが、月々サポートがなくなる可能性が高いので、格安SIMとSIMフリースマホ(iPhone)の組み合わせが一番コストが安くなると思います。

 iPhone7の月額を最安にする方法

この2台同時にMNPする方法が最安でiPhone7(256GB)を持つ方法になります。

安くなったポイント

それぞれについて説明していきます。

料金の詳細

まず今回の2台のiPhone7購入にかかった費用や料金とまとめてみました。
※表示の金額はすべて8%の消費税込みの金額です。

初期費用

1台目 2台目
端末価格 0円 0円
2年縛り違約金 10,260円 10,260円
MNP手数料 3,240円 3,240円
新規事務手数料 3,240円 3,240円
下取りポイント
iPhone6
-22,000円分
端末販売 販売せず使う -80,000円
有料コンテンツ
初期プラン等
3600円
小計 -5,260円 -63,260円
初期費用合計 -64,920円

2台購入する事により端末の販売収入と、下取りのポイントがあるので、かかった費用よりも収入の方が上回り、
64,920円の儲けとなります。

ドコモの月額料金

1台目 2台目
パケホーダイライト 1,836円 データプラン

(2台目プラス)

1,836円
データSパック(2G) 3,780円 シェア 540円
SPモード 324円 SPモード 0円
月々サポート(割引) -2,348円 月々サポート(割引) -2,348円
小計 3,592円 28円
月額2台費用 3,620円

ドコモの2台目プラスというプランを利用しています。
2台目の月額が28円で済んでいるのがポイントです。

※2017年9月より、docomoではiPhone7がMNP購入サポート入りしましたので月額の割引が無くなりました。

2年間の合計費用

2台合計
初期費用 -64,920円
24ヶ月間の料金 86,880円
24ヶ月の合計費用 18,360円
月額換算 915円

初期費用、月額をトータルすると、

24ヶ月での月額料金が915円になりました。

MNP一括0円でiPhone7を2台購入する

iPhone7の端末は、0円で買えるショップを探して購入をしたことがひとつめのポイントです。

MNPとはナンバーポタビリティのことで、携帯の電話番号をそのまま他社へ移ることです。

安い販売店を探す方法

2台のiPhoneを機種代金0円で購入しましたが、お店によって値段は異なるので安いお店を探しました。
方法は、twitterで

「iPhone7 一括」

と検索すると安く販売している店舗のツイートがいろいろと出てきます。


今は店舗側は、総務省の意向もあるので表立って「0円」とは言えないので、ツイートでは
一括特価!
一括◯円
などと遠回しに表現しています。
ここ重要なポイントは実質0円ではなく、一括0円のお店を探す事です。

そして、安そうなお店が見つかったら電話で細かい条件等を確認してみましょう。

  • 一括0円になるか
  • 有料コンテンツは入る必要があるか
  • 下取りなしでも問題ないか
  • 初月は高いプランに入る必要があるか

の3点を特に確認しましょう。

有料コンテンツは多いところだと1万円以上加入する必要がありますが、そういった店舗は避けた方がいいです。もしくは、交渉して有料コンテンツなしできるかも確認しましょう。

電話ではできるだけいい条件にしてもらえるよう交渉するのも大事です。

一括0円であればドコモの割引である月々サポートが通信料や通話料からそのまま割引されるので月額料金をかなり安く抑える事が出来ます。(※9月現在、MNPではiPhone7が一括購入サポート入りとなり、月額割引がなくなりました。)

例えばiPhone7では、

実質0円 => 月額6000円程度
一括0円 => 月額3600円程度

と一括0円の方が月額がかなり安くなります。
また、安く買えるお店の情報をまとめたサイトにも情報が掲載されています。

MNPでない通常の新規契約や機種変更ではまず一括0円になることはないので、MNP用の回線を持っておくことが必要になります。

MNPの転用元の回線を用意する

ドコモへのMNPをするための元回線は、au、softbankの回線を持っている必要がありますが

格安SIM回線を使うと安くMNP回線を手に入れる事が出来ます。

注意点としては、ドコモにMNPする場合は、au系やsoftbank系のSIMから転入しないと割引が効かないことが多いと言うことです。
したがって、au系の格安SIMの会社である mineoやUQmobileの契約もっておくのがオススメです。

mineo

mineo

UQ mobile

UQ mobile

 

MNPでは初期手数料がかかる

先ほどの表の初期手数料として、

2年縛り違約金 10,260円 10,260円
MNP手数料 3,240円 3,240円

auとsoftbankからMNPをしたので、違約金等がかかっています。

下取りでポイントをゲット

「下取りポイント」とは、今まで使っていたiPhoneやAndroidをドコモへ下取りに出すとドコモのdポイントが貰える制度です。機種によってdポイントは異なります。このポイントは1ポイント1円として、docomoの月額料金に充てることができるので、今回はiPhone6を下取りに出して実質22000円安くなりました。

iPhoneの下取り価格は、

iPhone 6sは、27,000円(画面割れ 8,100円)
iPhone 5sは、11,000円(画面割れ 3,300円)
iPhone 5cは、6,000円(画面割れ 1,800円)

となっています。画面割れだと価格が下がってしまいます。具体的な下取り価格はドコモ公式サイトに掲載されています。

Androidの下取り価格はこちら
iPhoneの下取り価格はこちら

既に使っているスマートフォンは、ケータイの中古ショップ等に販売したり、ヤフオクやメルカリ等のネットで販売するという手もありますが、ある程度使用したiPhoneはdocomoショップとさほど買い取り価格がかわらないので、ドコモに下取りに出した方が手間がかからず楽で良いです。

端末を販売

端末販売 -80000円

2台購入したiPhone7(256GB)のひとつをメルカリやヤフオクで販売したときの金額です。これも儲けになりますので、表ではマイナスになっています。
2017年3月の相場は、約80000円〜85000円となっています。(※2017年8月には価格がやや下がり7万5000円〜8万円程度になっています。)iPhone6を下取りに出した際はネットで販売を行いませんでしたが、新品状態のiPhone7は高く売れるので、自分でネットを使いメルカリ等で売った方が高く売れます。

ドコモの2台目プラスで月額料金を安く

1台目 2台目
パケホーダイライト 1,836円 データプラン

(2台目プラス)

1,836円
データSパック(2G) 3,780円 シェア 540円
SPモード 324円 SPモード 0円
月々サポート(割引) -2,348円 月々サポート(割引) -2,348円
小計 3,592円 28円
月額2台合計 3,620円

月額料金は、ドコモの2台目プラスというプランを使って、ほぼ1台分の料金で2台持つ事が出来ています。2台目の方はspモードも解除して0円したので、電話とインターネットもできないプランですが、端末は販売してしまって使わないので問題ありません。

機種変更よりもMNPの方が月々の割引額、docomoでは「月々サポート」と呼ばれる割引が多くなっています。
また、古い機種よりも新しい機種の方が月々の割引が多くなります。

つまり、月々サポートの多い機種を一括0円で買うとかなりお得という事になります。
(※9月現在、ドコモではMNPでiPhone7が一括購入サポート入りとなり、月額割引がなくなりました。)

そのため、新規や機種変更よりも安く持つ事が可能になります。
iPhone7の場合、月々サポートは2348円となっています。データパック5GB以上、パケットシェア10GB以上のプランにすると月々サポートは2780円に割引額がアップしますが、ドコモはパケット代はそもそもかなり割高なので、データSパックの2GBのプランで使うのをお勧めします。

2台目は月々サポートがあるので月々28円で2台目を持つ事が出来ます。

既にdocomoの回線を持っている場合は1台目をシェアパックの子回線、2台目を2台目プラスのプランにする事も出来ます。

今回iPhone7購入にあたっては、au、softbankでも最安で持つプランを調べてみたのですが、
auとsoftbankは2台目プラスのような少なめのパケット定額で2台持てるプランがないので、1台購入で月額4000円程度となりました。一括0円で購入しても格安SIMとさほど変わらずドコモを選択する事になりました。
(※9月現在、MNPではiPhone7が一括購入サポート入りとなり、月額割引がなくなりました。)

2台買う方がお得

  • 片方のiPhone7を販売して8万円程度の収入になる
  • 2台目の月額料金は2台目プラスとiPhone7の月々サポートでかなり安くできる

という理由により、2台の方が1台で買うよりもお得になります。

5回線で月額を0円にする方法も

ドコモではシェアパックを使うと子回線の月額が1500円程度になります。

iPhone7などの月々サポート(月々の割引)が大きい機種では、月額料金よりも割引額の方が大きくなります。溢れた割引は親回線に適用できるので、それを利用すると回線を増やすごとに全体の料金も安くなり、5回線で月額0円を目指す事も可能になっています。

詳細は以下で説明しています。

ドコモが月額0円になる、シンプルプラン+シェアで最安運用の仕組み

格安SIMよりも安い

今回のトータルの金額は、月額換算すると915円となりました。

2台合計
初期費用 -64,920円
24ヶ月間の料金 86,880円
24ヶ月の合計費用 18,360円
月額換算 915円

これをSIMフリーのiPhone7(256GB)をAppleから買って、格安SIMで運用した場合と比較してみます。

SIMフリーのiPhone7と格安SIMで利用した時の料金

iPhone7端末 102,384円
格安SIM初期費用 3,240円
格安SIM 2Gプラン月額 1,490円
24ヶ月間の合計費用 141,384円
月額 5,891円

格安SIMは、現在最安の会社である、DMMモバイルにて、通話と2GBデータ通信ができるプランでの価格です。

ドコモでの月額料金 => 951円
格安SIM => 5,891円

と格安SIMよりも5,000円近く月額料金を下げる事ができました。
最安のiPhone7購入方法はドコモ回線ということになります。

ただし、今回は安いショップを探す事や端末のネット販売など、手間が少しかかってしまうので、手っ取り早くスマホの月額料金を下げたい場合は普通に格安SIMを契約する事をお勧めします。

ソフトバンクならiPhoneが一括0円で35000円キャッシュバック、Xperiaも一括0円で月額254円などのキャンペーン中

ソフトバンクでは、店舗でのキャンペーンはあまり行われていませんが、ネット代理店のおとくケータイ.netでは端末代金を最安値クラスで購入する事が出来ます。

9月はiPhone7(32GB)が一括0円で35000円キャッシュバックなど、大盤振る舞いのキャッシュバックも付きます。

ソフトバンク光セットの場合はさらに安くなり、、Xperia XZは月額254円で利用できます。

  • キャンペーンID:2582  iPhone7(32G) 一括0円、キャッシュバック35000円、月額6600円
  • キャンペーンID:2580 DIGNO G: 一括0円、月額1,724円、キャッシュバック25,000円
  • キャンペーンID:2581 Xperia XZ: 一括25,000円、月額 754円
    さらにソフトバンク光・Airの同時申込みで一括0円、月額254円
  • 上記全機種でソフトバンク光り同時購入で20000円のキャッシュバックが付きます。

ソフトバンク光に入らなくてもかなり安いキャンペーンなので、月額料金を下げたい方は要チェックです。

iPhone以外でのおすすめはXperia XZです。ソフトバンク光なしでも月額754円はかなりお得なので今のうちにゲットしておくことをお勧めします。

以下のお問い合わせフォームにて、「ご質問・ご要望・連絡希望日時など」の蘭に上記のキャンペーンIDを入力すると適用されます。

おとくケータイ.netでは、すべてネットで購入できるので、実店舗で安いお店を探して訪問する手間が省けるので楽に一括0円のiPhoneを購入できます。

おとくケータイ.netは、ソフトバンク公認の販売店で、テレビでも紹介されている企業です。

「おとくケータイ.netの詳しい情報のお問い合わせフォームはこちら」

ソフトバンク代理店「お客様満足度No.1」。ソフトバンク携帯に番号そのままのりかえで最大30,000円キャッシュバック!

当サイトからの購入でNifMoが2万円キャッシュバック!(9/30まで)

当サイトからNifmoをのSIMとスマートフォンのセット購入すると、最大2万100円キャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

キャンペーン概要は以下です。

3GB以上の契約で、データのみのプランでも8,100円のキャッシュバックがあります。

キャンペーン対象の機種は以下です。

HUAWEI P10 lite(6/9発売の新機種)
HUAWEI P10 Plus(6/9発売の新機種)
HUAWEI nova
HUAWEI nova lite
ASUS ZenFone 3 Max
ASUS ZenFone 3
ZenFone 3 Laser
富士通 arrows M03

↓詳細は以下のバナーから。

 

 

 




Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. より:

    わけがわからん・・・・

  2. 匿名 より:

    出口戦略もいるからなぁ

  3. トニーダニー より:

    え?!32GBじゃなく、iPhone7(256GB)が一括0円?!しかも有料コンテンツほぼなしの下取り別?!
    こんな案件見たことありません。羨ましいです!どちらで契約しましたか?

    1. スマホファラオ より:

      トニーダニーさん
      追記にも書いた通り、現時点ではdocomoではiPhone7の一括0円のお店はなくなってしまいましたね。
      携帯が一番安くなるのが2月、3月、9月、12月なのでそのタイミングを狙うのがいいと思います。

  4. 匿名 より:

    いくつか質問があります。よろしくお願いいたします。
    ①mnpについて質問です。今au1回線しか持っておらず、マイネオなどに加入しないともう一つ回線が用意できませんが、docomoにmnpすると即解約ということになると思うのですがそれでも大丈夫なのでしょうか?

    ②端末の売却です。2台目は売却とありますが、売却の際simカードを取り外す、初期化する、意外に何かしないといけないことはないでしょうか。

    非常に初心者的な質問かもしれませんがよろしくお願いします・・。

    1. スマホファラオ より:

      ご質問の件ですが、
      1.短期解約についてですが
      基本的に携帯回線は短期間で解約すると一定期間ブラックリストに入り、同じ会社では契約できなくなる可能性があります。
      しかし、他の会社との契約には影響ないので、メインとして使う予定のない格安SIMの会社であれば契約できない期間があったとしてもあまり不都合はないと思います。

      2.購入から売却までの作業ですが
      docomoから端末を購入する際は一括支払で購入する。(docomoの場合ネットワーク利用制限は2ヶ月後に◯になりますので、メルカリやヤフオクではそれまで待つ必要があります)
      SIMロックの解除(フリマアプリではSIMロック解除しているほうが販売価格が上がります)
      SIMの取り外し
      端末の初期化
      を行えば問題ありません。

      1. 匿名 より:

        早速のご回答ありがとうございました!
        ご意見を参考にして、mnpしてみようと思います!✴

  5. 匿名希望 より:

    初めまして!
    よろしくお願いします。

    現在ドコモのIphone5sとY-モバイルのガラケーを持っています。
    この2台をMNPで購入し、1台をメルカリで転売しようと思います。

    購入方法等アドバイスをお願いします。

    ネットでソフトバンク
    iphone7(32GB)が一括0円+35000でありました。
    どうでしょうか?

    1. スマホファラオ より:

      >ソフトバンク iphone7(32GB)が一括0円+35000でありました。

      こちらは当サイトでも紹介している案件ですね。
      http://bit.ly/2jVM7Ga

      2台同時ということですが、iPhone7をお求めの場合、上記案件はネットでも注文でき楽なので
      ドコモとワイモバイルからであればお得な案件だと思います。

      他の選択肢で言えば、docomoやauのiPhone7になりますね。

      iPhone7に関しては月額料金はドコモ・au・ソフトバンクはほぼ同じですが、
      ドコモ・auの場合は一括0円でキャッシュバックのあるお店を探して実際に店舗へ行かなければいけならず、

      特に注意点としては有料コンテンツが1万円ほど契約するのが条件になっている場合もあるので、
      あらかじめ電話をして確認が必要なので面倒ではありますね。

      上記のソフトバンク案件は有料コンテンツが無いのでいい条件の案件だと思います。

  6. 匿名希望 より:

    すいません、
    メールアドレス忘れていました。

コメントを残す