ワイモバイルに乗り換えると20万円安くなる!実際の料金を計算してみた

Pocket

格安SIMのワイモバイル(Y!mobile)に乗り換える(MNPをする)と、どのくらい料金が安いのか、実際の料金をシミュレーションしてみました。1人で乗り換えた場合と家族複数人(2人、3人、4人)で乗り換えた場合、家族に学生がいる場合の家族割を利用した料金ご紹介します。

ワイモバイルは1人で乗り換えても2年間で8万円以上携帯料金が安くなります。家族複数で乗り換えるとさらに

目次

ワイモバイル(Y!mobile)の料金

まずはワイモバイル(Y!mobile)の料金プランをご紹介します。
ワイモバルの料金は3プランで大手3キャリア(ドコモ au ソフトバンク)よりも分かりやすいです。
月額料金は以下となります。(税抜です)

プラン 2ヶ月目13ヶ月まで 初月(日割),14ヶ月以降
S(2GB) 1,980円 2,980円
M(6GB) 2,980円 3,980円
L(14GB) 4,980円 5,980円

2ヶ月目から13ヶ月目までの価格が異なるのは、「ワンキュッパ割」で月1,000円が割引されているからです。

初月はワンキュッパ割は適用されませんが、料金が日割りになります。

また、データ量は最初の2年間は2倍キャンペーンとなっています。(上の表のデータ量は2倍になった後です。)
3年目も上の表のデータ量にするには、データ2倍オプションの500円を払う必要があります。

全プランで10分以下の通話が無料、無制限かけ放題オプションもある

ワイモバイルのプランはすべて10分以下の国内通話が無料です。

無制限のかけ放題のオプション、「スーパー誰とでも定額」があり、月額追加1.000円となります。

スーパー誰とでも定額
無制限のかけ放題
1,000円/月

格安SIMで無制限のかけ放題ができるのはワイモバイルだけになります。

家族割で2回線目以降500円引き

ワイモバイルでは家族割があり、2回線目以降は、12ヶ月間(2ヶ月目〜13ヶ月目)500円引きになります。

学割は3ヶ月分の料金が無料になる

ワイモバイルの学割では、契約翌月から3ヶ月間のプラン料金が無料になります。

  • Sプランなら(1,980円 × 3ヶ月)で合計5,940円分お得
  • Mプランなら(2,980円 × 3ヶ月)で合計8,940円分お得
  • Lプランなら(4,980円 × 3ヶ月)で合計14,940円分お得

対象は18歳以下になります。

ワイモバイル乗り換えシュミレーション 1人編

1人(1回線)でワイモバイルに乗り換えた場合の2年間、3年間の合計料金は以下となります。

プランS プランM プランL
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
月額
2年目以降は+1000円
1,980円 2,980円 4,980円
2年間合計 62,520円 86,520円 134,520円
3年間合計 98,280円 134,280円 206,280円

比較例としてドコモ料金を使った場合の価格は以下となります。

ドコモ データ
2GB
データ
5GB
データ
20GB
データ
30GB
通話プラン 1,700円
カケホーダイライト
1,700円
カケホーダイライト
980円
シンプルプラン
980円
シンプルプラン
SPモード 300円 300円 300円 300円
データ定額 3,500円 5,000円 6,000円 8,000円
月額 5,500円 7,000円 7,280円 9,280円
2年間合計 132,000円 168,000円 174,720円 222,720円
3年間合計 198,000円 252,000円 262,080円 334,080円

ドコモのカケホーダイライトは、5分以下の通話が無料になる通話定額です。
ドコモの20GB、30GBプランでは無料通話がありませんが980円のシンプルプランを適用できます。

ドコモと比較して8万円以上お得

1回線の場合、2年間の合計額でドコモとワイモバイル比較すると以下のようになります。

 2年間の合計 データ
2GB
データ
6GB
データ
14GB
ワイモバイル 62,520円 86,520円 134,520円
ドコモ 132,000円 168,000円
(5GB)
174,720円
(20GB)
差額 69,480円お得 81,480円お得 40,200円お得

2年間のトータルで比較すると、全プランでワイモバイルが安く、2GB ではが7万円近くお得、6GBでは8万円以上お得、14GBでは4万円お得となることが分かります。

また、ワイモバイルはデータ量の小さいプランほどドコモと比べて安くなります。

しかもドコモの金額計算ではかけ放題を5分のものにしていますが、ワイモバイルでは10分のかけ放題なので電話料金もワイモバイルが安くなります。

>> キャッシュバックのあるワイモバイル公式サイトはこちら

2人で乗り換えた際の料金シミュレーション

2回線以上でワイモバイルを使うと、家族割りが12ヶ月間適用され、2回線目が500円引きになります。

プランS 2GBの場合

2回線ともプランSの場合、月額と2年間の合計料金は以下のようになります。

ワイモバイル 1回線目 2回線目
初期費用 3,000円 3,000円
Sプラン[2GB] 1,980円 1,980円
家族割(12ヶ月間) -500円
月額 1,980円 1,480円
2年間合計 62,520円 56,520円
2回線の2年間合計 119,040円 

※家族で別々のプランにすることも可能です。

2人分の料金をワイモバイルとドコモで比較

ドコモでは、複数回線ではデータ通信量を分けあえるシェアパックの方が安くなるので2人でシェア5GBパック(1人当たり2.5GB使える事になります)で計算してみます。

シェアパックでは親回線がシェアパックに入り、子回線(2回線目以降は)シェアオプションで月500円となります。電話のプランは5分かけ放題のカケホーダイライトとしました。

ドコモ 1回線目 2回線目
シェパック5GB 6,500円
カケホーダイライト 1,700円 1,700円
シェアオプション 500円
SPモード 300円 300円
月額 8,500円 2,500円
2年間合計 204,000円 60,000円
2回線の2年間合計 264,000円 

2回線での差額は以下となります。

プランS 2GB
2回線 2年間の合計
ワイモバイル 119,040円
ドコモ 264,000円
差額 144,960円

Sプランで2回線だと、14万4960円ワイモバイルが安くなる事がわかります。

プランMの場合

プランMで2回線を利用下場合は、以下のようになります。

ワイモバイル 1回線目 2回線目
初期費用 3,000円 3,000円
プランM 6GB 2,980円 2,980円
家族割 -500円
月額(12ヶ月間) 2,980円 2,480円
2年間合計 86,520円 80,520円
2回線の2年間合計 167,040円 

※家族で別々のプランにすることも可能です。

ドコモでワイモバイルの6GBプランに相当するプランは、データシェアパック10GBを2人で使う利用方法になります。(1人当たり5GBの計算となります。)

ドコモ 1回線目 2回線目
シェパック10GB 9,500円
カケホーダイライト 1,700円 1,700円
シェアオプション 500円
SPモード 300円 300円
月額 11,500円 2,500円
2年間合計 276,000円 60,000円
2回線の2年間合計 336,000円

2人分の料金をワイモバイルとドコモで比較

プランMでのドコモ、ワイモバイル2回線の2年間合計金額の差額は以下となります。

プランM 6GB
2回線 2年間の合計
ワイモバイル 167,040円
ドコモ 336,000円
差額 168,960円

2回線では16万8960円お得になります。

プランL 14GBの場合

ワイモバイルを2回線でプランLを2年間利用した際の合計金額は263,040円となります。

それに近いドコモのプランは、シェアパックを組んでデータ30GB(1人あたり15GBの計算)となります。
ドコモの2回線をシェアパック30GBのカケホーダイライトの5分かけ放題で2年間利用した際の料金は432,000円となります。

プランL
2回線 2年間の合計
ワイモバイル 263,040円
ドコモ 432,000円
差額 168,960円

比較すると、プランL 14GBではワイモバイルが16万8960円お得ということになります。
プランMでの両者の合計金額と差額が全く同じになりました。

3人で乗り換えた際の料金シミュレーション

3人(3回線)で利用した際も、家族割が適用できるので2回線目と3回線目が12ヶ月間500円の割引が付きます。

プランS 2GBの場合

3回線ともプランSの場合です

ワイモバイル 1回線目 2回線目 3回線目
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
プランS 2GB 1,980円 1,980円 1,980円
家族割 -500円 -500円
月額 1,980円 1,480円 1,480円
2年間合計 62,520円 56,520円 56,520円
3回線の2年間合計 175,560円  

ドコモ3人の場合

ワイモバイルの2GBプラン×3人分のデータ量はドコモではシェアパック10GBに相当します。

ドコモ 1回線目 2回線目 3回線目
シェパック10GB 9,500円
カケホーダイライト 1,700円 1,700円 1,700円
シェアオプション 500円 500円
SPモード 300円 300円 300円
月額 11,500円 2,500円 2,500円
2年間合計 276,000円 60,000円 60,000円
3回線の2年間合計 396,000円  

3人分の料金をワイモバイルとドコモで比較

比較すると以下のようになります。

プランS
3回線 2年間の合計料金
ワイモバイル 175,560円
ドコモ 396,000円
差額 220,440円お得

3人でプランSの乗り換えると22万円もお得になります。

プランM 6GBの場合

ワイモバイル 1回線目 2回線目 3回線目
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
プランM 6GB 2,980円 2,980円 2,980円
家族割 -500円 -500円
月額 2,980円 2,480円 2,480円
2年間合計 86,520円 80,520円 80,520円
3回線の2年間合計 247,560円

ドコモ3人の場合

ドコモではシェアパックのデータ15GB(1回線当たり5GB)で比較してみます。

ドコモ 1回線目 2回線目 3回線目
シェパック15GB 12,500円
カケホーダイライト 1,700円 1,700円 1,700円
シェアオプション 500円 500円
SPモード 300円 300円 300円
月額 14,500円 2,500円 2,500円
2年間合計 348,000円 60,000円 60,000円
3回線の2年間合計 468,000円

3人の料金をワイモバイルとドコモで比較

ドコモとの2年間の合計料金を比較してみると

プランM
3回線 2年間の合計
ワイモバイル 247,560円
ドコモ 468,000円
差額 220,440円お得

ワイモバイルが22万440円お得になります。

プランS プランM プランLを組み合わせた場合

3回線をそれぞれプランをSプラン Mプラン Lプランの組み合わせの場合は以下となります。

ワイモバイル 1回線目 2回線目 3回線目
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
プラン料金 プランS
1,980円
プランM
2,980円
プランL
4,980円
家族割 -500円 -500円
月額 1,980円 2,480円 4,480円
2年間合計 62,520円 80,520円 128,520円
3回線の2年間合計 271,560円  

ドコモ3人の場合

ドコモでは30GBを分け合うプランで比較します。

ドコモ 1回線目 2回線目 3回線目
シェパック30GB 13,500円
カケホーダイライト 1,700円 1,700円 1,700円
シェアオプション 500円 500円
SPモード 300円 300円 300円
月額 15,500円 2,500円 2,500円
2年間合計 372,000円 60,000円 60,000円
2回線の2年間合計 492,000円  

3人の料金をワイモバイルとドコモで比較

ドコモと比較すると以下のようになります。

3回線 2年間の合計
ワイモバイル 271,560円
ドコモ 492,000円
差額 220,440円お得

プランを組み合わせて利用した場合でも3回線合計で22万円以上お得になります。

>> キャッシュバックのあるワイモバイル公式サイトはこちら

4人で乗り換えた際の料金シミュレーション

家族4回線でワイモバイルに乗り換えた場合は以下のようになります。

家族割りで、2回線目〜4回線目が12ヶ月間500円引きになります。

プランSが1人、プランMが2人、プランLが1人とした場合の料金です。

ワイモバイル 1回線目 2回線目 3回線目 4回線目
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
プラン料金 プランS
1,980円
プランM
2,980円
プランM
2,980円
プランL
4,980円
家族割 -500円 -500円 -500円
月額 1,980円 2,480円 2,480円 4,480円
2年間合計 62,520円 80,520円 80,520円 128,520円
4回線の2年間合計 352,080円   

ドコモの4人の場合

ドコモで4人でシェアパック30GB(1人当たり7.5GB)を契約した場合の料金は以下となります。

ドコモ 1回線目 2回線目 3回線目 3回線目
シェパック30GB 13,500円
カケホーダイライト 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円
シェアオプション 500円 500円 500円
SPモード 300円 300円 300円 300円
月額 15,500円 2,500円 2,500円 2,500円
2年間合計 372,000円 60,000円 60,000円 60,000円
4回線の2年間合計 552,000円

家族4人でのワイモバイルとドコモの比較

4回線 2年間の合計
ワイモバイル 352,080円
ドコモ 552,000円
差額 199,920円お得

4回線での2年間の合計料金も、ワイモバイルがドコモよりトータル20万円近く安い事が分かります。

ワイモバイルは違約金を払っても乗り換える方がお得

ワイモバイルへ乗り換える際、元のキャリアでの違約金がかかるケースも多いです。

ドコモ au ソフトバンクでは2年契約で更新月(2ヶ月間)以外は9500円の違約金がかかります。

しかし、今回のご紹介した通り1回線でも7万円、3回線以上では20万円もお得になるので違約金を払ってでも解約した方が間違いなくお得であると言う事になります。

ワイモバイルは端末0円で機種購入できる

乗り換えの際にスマートフォン端末を購入したいと言う方もいると思いますが、ワイモバイルは端末を安く購入できます。

ワイモバイルは大手3キャリアと同様に端末をセット購入すると月々の割引があります(24ヶ月間)。
以下の端末は割引額が大きいので端末が実質0円や格安価格で購入できます。

ワイモバイルのオススメ機種は以下です。

安くて機能の高い機種なら、HUAWEI nova lite

HUAWEIは今世界的にシェアを伸ばしているメーカーです。
ワイモバイルではHUAWEI人気機種、nova liteが購入できます。

HUAWEI nova liteはミドルレンジAndroidスマートフォンで、コスパが良く人気の機種です。

SNSやLINEは問題なく動作し、カメラ性能も高いです。

機種代金の月額が0円、頭金の540円だけで購入できます。

頭金 540円
端末費用月額(24分割) 1,080円
端末セット割引(24回) -1,080円
合計費用 540円

ハイスペックならAndroid One S3

Android One はワイモバイルが独自販売しているシリーズです。

その中でもスペックが高く国内メーカーシャープが作っているAndroid One S3がオススメです。

【Android One S3のオススメポイント】

  • スペックが高く動作が快適
    オクタコアCPU
    メモリ3GB ストレージ32GB
  • メーカーがシャープ
    シャープのIGZO技術により液晶画面がキレイです。
  • 防水対応
  • 最新のAndroid OSが使える
    OSのアップデート保証発売から24ヶ月間に最低1回以上のOSアップデートに対応しています。
  • セキュリティアップデートの保証がある
    セキュリティアップデート保証は3年間あります。

価格は以下となります。

分割頭金 540円
端末費用月額(24分割) 2052円
端末セット割引(24回) 972円
合計 26,460円

その他のおすすめ機種は以下でご紹介しています。

ワイモバイルのメリットとデメリット

ワイモバイルのメリットとデメリットをまとめてみました。

【ワイモバイル(Y!mobile)のメリット】

  • 通信速度が格安SIMの中でもトップクラスで速く、通信でストレスを感じない
  • ソフトバンクが運営していて、回線もソフトバンクのものを利用しているので会社として安心
  • 端末をセット割引で安く購入できる
  • 国内販売されているほとんどの機種でSIMを利用可能
  • 実店舗が多くサポートも充実
  • 格安SIMで唯一、無制限のかけ放題オプションがある
  • 携帯用のアドレス、@yahoo.ne.jp が無料で使えるのでPCのフリーメールとは違い、他人の携帯のメールに送信しても迷惑メール判定されない
  • LINEの年齢認証が使える
  • Yahooプレミアムのサービスが受けられる
  • 街中にあるソフトバンクWi-Fiを無料で利用できる
  • テザリングも可能

【ワイモバイル(Y!mobile)のデメリット】

  • かけ放題が必要ない場合、他の格安SIMより月1000円ほど高い
    10分以下のかけ放題込みでは他の格安SIMと同等の価格で、無制限かけ放題はワイモバイルだけが提供しています。
  • データ通信量が最大で14GBのプランなので、スマホで大容量データ通信を行う人用のプランが無い
  • 携帯のメールアドレスが変わってしまう
    これは携帯キャリアを乗り換える際にはすべて当てはまりますが、ワイモバイルでは携帯用のメールアドレスを無料で利用できるので他の格安SIMよりは便利です。

ワイモバイルへの乗り換え手順

MNPで携帯番号そのままワイモバイルへの乗り換える際の手順は以下です。

  1. 今契約している携帯会社からMNP予約番号を取得する
  2. ワイモバイル(Y!mobile)でMNP契約の申し込み
    今利用している携帯電話の番号と、MNP予約番号を入力する。
  3. 新しいSIMの利用開始
    ワイモバイルで今までの携帯番号が利用できるようになります。
    ※オンラインストアで購入の場合は、商品が届いてから切り替えを待つ事になります。

ワイモバイルへの乗り換えの詳しい方法は以下の記事で解説しています。

 

まとめ

ワイモバイル乗り換える事で7万円から20万円もお得をする事をご紹介しました。

また、スマートフォン本体も実質0円で購入する事ができるので、スマホの買い替えと一緒に乗り換える方でもワイモバイルは非常に安くなります。

オンラインショップなら1回線につき1万5000円のキャッシュバックキャンペーン中!

ワイモバイル公式オンラインショップなら新規もしくは乗り換えMNPを利用してワイモバイル(Y!mobile)のSIMを契約した方に最大1万5000円のキャッシュバックを行うキャンペーンを行っています。

  • プランS…1万円キャッシュバック
  • プランMとプランL…1万5000円キャッシュバック

>> キャッシュバックのあるワイモバイル公式サイトはこちら

 

Pocket

コメントを残す