今一番お得な格安SIMと格安スマホのセットはこれ

Pocket

格安SIMを検討する際に、格安スマホとの端末セットで購入を考えている方も多いと思います。

スマホ端末のセットだと割引や期間限定のキャッシュバックがある格安SIMもあり、どれが一番安いのかがわかりにくくなっています。

そこで今回は格安SIMと格安スマホセットの場合、キャンペーンの割引やキャッシュバックも含めてお得なセットやコスパの良いものをご紹介して行きます。
(2017年8月23日現在のキャンペーン情報を元にしています。)

格安SIMの月額料金はほぼ同じ、スマホセットの金額には大きな差がある

まず最初にお伝えしたいのが、格安SIMの月額料金は各社ほぼ同じ(2017年8月時点)と言うことです。

最も安い物と高い物の差は月額で400円程度となっていて、相場はほぼ決まっている状態です。

しかし、セットで購入できるスマートフォン本体の取り扱い機種や価格は各社大きく異なるので、スマートフォンセットで購入する場合、月額の安い格安SIMを探すよりもセット端末の安さを比較検討することが重要になります。

そこで、コスパの良い格安SIMとSIMフリースマートフォン端末のセットプランをご紹介します。

わずか1000円程度で買える超低価格機種から、ミドルレンジの使い勝手の良い人気機種が2万円を切る価格で購入できます。

楽天モバイル

夏トクキャンペーンでスマホ本体がセール価格に

楽天モバイルでは、夏トクキャンペーンでスマホセット価格が割引されています。

以下で紹介する端末価格のキャンペーン期間は、2017年8月9日(水)10:00~2017年9月1日(金)9:59 までとなります。

【全スマホで最安】ZTE BLADE E01

今、格安SIMとスマホセットで最も安いのは楽天モバイルで販売されているZTE BLADE E01です。

ZTE BLADE E01
本体価格
音声通話SIM 980円
データSIM 2980円

音声SIMでの価格はなんと980円と1000円を切る価格です。
(※分割ではなくトータルで980円です。)

ZTE BLADE E01(Android)の特徴

安さが一番のウリである端末ですので、LINEや写真、facebook、検索等は十分に行えるスペックなのであまりスマートフォンを使わない方にお勧めです。

大きさも5インチで使いやすいサイズです。

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite
本体価格
音声通話SIM 12,400円
データSIM 14,400円

HUAWEI P9 lite(Android)の特徴

今Androidで最も売れているメーカー、HUAWEIのP9 Liteは、安さとスペックのバランスがいい、コスパの重視のスマートフォンです。

価格comでのスマートフォンランキングでも5位にランクインしています。

最新版のP10 Liteに比べるとスペックはやや劣りますが、外側カメラは1300万画素、インカメラは800万画素、撮影後のピント調整や食べ物をキレイに取るモードや細かいカメラ設定等も可能で、一般的なスマートフォンとしては全く問題ないレベルです。

また、指紋認証にも対応しています。
Android OSのバージョンも7.0にアップデート可能です。

楽天モバイルの月額料金

プラン 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシック
プラン
1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

最低利用期間、解約手数料は以下です。

最低利用期間 音声通話SIM 12ヶ月
データSIM 6ヶ月
解除料金 9800円
利用ネットワーク docomo

楽天モバイルのポイント

  1. 無制限の電話かけ放題オプションがある
    格安SIMでは5分以内の電話かけ放題が主流ですが、楽天モバイルでは5分かけ放題だけでなく無制限のかけ放題オプションがあります。
    オプションの申し込み後は、楽天でんわのアプリをインストールして通話を行います。
    5分かけ放題:850円/月
    無制限かけ放題:2380円/月
  2. 楽天ポイントが貯まる
    月額料金100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。
    また、楽天市場で買い物をした際のポイントも常に+1倍上がります。
    既に持っている楽天ポイントを携帯料金の支払にも利用する事が出来ます。
  3. 店舗が多い
    楽天モバイルは実店舗を急激に増やしています。
    SIMの初期設定の方法も店員に訊く事が出来ます。


楽天モバイルの詳細はこちら

BIGLOBE SIM

最大2万円キャッシュバックキャンペーン

BIGLOBE SIMでは、最大2万円のキャッシュバックキャンペーンが行われています。

キャッシュバック金額は端末セットの場合は以下になります。

音声通話SIMでは、一番小さい3GBプランでも12000円キャッシュバック、データSIMでは一律で10000円キャッシュバックとなります。(契約してから12ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれます。)

※1GBプランは対象外です。

期間は9月3日までとなっています。

データSIMでのキャッシュバック金額や、キャッシュバックの受け取り方法などキャンペーン詳細は以下で紹介しています。

BIGLOBEキャッシュバックキャンペーンの詳細

このキャッシュバックを考慮すると、BIGLOBEでセット販売されているほとんどのスマホ端末が他社と比べても最安価格で購入できます。

Amazonや家電量販店でもSIMフリースマホのセールよりも安く購入できることになります。

その中でも特におすすめのコスパの良い機種をご紹介します。

HUAWEI HUAWEI P10 lite

キャッシュバック金額を考慮したHUAWEI P10 liteの端末代金は以下です。

音声通話SIM データSIM
HUAWEI P10
本体価格
(定価:29760円)
3GBプラン:17760円
6GB〜12GBプラン:13760円
20GB以上:9760円
全プラン:19760円

HUAWEI P10 liteの特徴

P10 liteはP9 liteの後継機で、今販売されているスマートフォンの中でも最もコスパの良いモデルと言えます。

カメラはメイン1200万画素、内側800万画素で、暗い場所でも鮮明な画質で撮影できる1/2.8インチの大型イメージセンサーを搭載、約0.3秒の高速連写・高速フォーカス、電子式手ぶれ補正機能を搭載していています。
また、HUAWEI独自の「パーフェクトセルフィー」という自撮りがキレイに撮れるモードもあります。

メモリは3GB、ストレージは32G と文句のないスペックです。

また、指紋認証や急速充電にも対応しています。

HUAWEI P10 lite , P10 , P10 Plusのスペック詳細はこちら

HUAWEI HUAWEI nova lite

音声通話SIM データSIM
HUAWEI nova lite
端末代金
(定価 20880円)
3GB:8880円
6GB〜12GB:4880円
20GB以上:880円
10880円

HUAWEI nova liteの特徴

nova liteは価格comレビューで☆4.6と高得点、人気ランキングでも8位となっている機種です。

P10 liteが出る前はp9 liteと共に低価格帯スマートフォンで最もコスパ良いスマートフォンでした。

急速充電がないものの、Android OSは7.0、メモリは3GBとオクタコアのCPUを詰んでいるので日常的な使用はまったく問題ないスペックです。

BIGLOBEではHUAWEI P10 liteよりもHUAWEI nova liteの方が1万円ほど安いので、安さ重視ならnova lite、少しスペックが高い物が言い方はp10 liteが良いでしょう。

BIGLOBE SIMの料金プラン

データ容量 音声通話SIM 050データSIM データSIM
1GB 1400円
3GB 1600円 1020円 900円
6GB 2150円 1570円 1450円
12GB 3400円 2820円 2700円
20GB 5200円 4620円 4500円
30GB 7450円 6870円 6750円

最低利用期間等は以下となります。

最低利用期間 音声通話SIM 12ヶ月
データSIM,050データSIM なし
解除料金 8000円
利用ネットワーク docomo

BIGLOBE SIMのポイント

BIGLOBE SIMは、YouTube等が見放題になるエンタメフリーオプションがあるのが特長です。

以下のアプリは、通信量をカウントせず、速度制限後も高速通信で利用可能になります。
YouTube Google Play Music Apple Music AbemaTV Spotify AWA radiko.jp Amazon Music U-NEXT

音声通話SIM : 480円/月
SMS+データ、データSIM  : 980円/月

BIGLOBE SIM

NifMo

NifMoでは2つの端末セールキャンペーンが行われています。

13GBプランなら2万円キャッシュバック

8月31日まで、スマートフォンとSIMセットで最大2万円キャッシュバックキャンペーンが行われています。

SIM種別 キャッシュバック金額
音声通話SIM 3GBプラン、7GBプラン:1万円
13GBプラン:2万円
SMS+データSIM
データSIM
8000円

キャッシュバックは契約から9ヶ月目に振り込まれるのでそれまで契約を続ける必要があります。

対象スマートフォンは、

arrowsM04
HUAWEIP10Plus
HUAWEIP10lite
HUAWEInovalite
ZenfoneAR
Zenfone3Max

となります。

スーパーセール夏の陣

8月31日まで、対象の端末が最大50%OFFになります。

対象端末は

HUAWEUI nova(50%off)
ASUS ZenFone 3(25%OFF)
ASUS ZenFone 3 Laser(18%OFF)

となります。

HUAWEI HUAWEI P10 lite

BIGLOBE でも安かったP10 liteですが、NifMoでもキャッシュバックを考慮すると安くなります。

BIGLOBEと比較すると、どのSIM プランでも1000円ほどNifMoは安くなります。

最大2万円のキャッシュバックキャンペーンを適用した端末価格は以下です。

音声通話SIM データSIM
HUAWEI P10 lite
本体価格
(定価:26667円)
3GBプラン,7GBプラン:16667円
13GBプラン:6667円
全プラン:18667円

HUAWEI nova

HUAWEI novaはキャッシュバックではなく端末価格が最大50%割引になるキャンペーンです。

音声通話SIM データSIM
HUAWEI P10 lite
本体価格
(定価:33,334円)
3GBプラン,7GBプラン:24800円(25%OFF)
13GBプラン:16667円(50%OFF)
33,334円(割引無し)

HUAWEI novaの特徴

HUAWEI novaはHUAWEI nova liteの上位モデルとなります。ミドルレンジモデルとハイエンドモデルとの中間のスペックになっています。

1200万画素メインカメラ、800万画素インカメラ、1.25μm大型ピクセルのソニー製高感度センサーが搭載されています。
約0.3秒の高速オートフォーカスは一眼レフでも使われる像面位相差フォーカスとコントラストフォーカスを組み合わせています。

CPUはSnapdragon™ 625 オクタコア、メモリは3GB、ストレージ32GBと処理能力にも申し分ありません。
nova liteとの違いとしては、デュアルSIM・デュアルスタンバイが出来ることです。特に海外等で複数のSIMを利用する際は便利な仕組みです。

NifMoの月額料金

データ容量 音声通話SIM データSIM + SMS データSIM
3GB 1600円 1050円 900円
7GB 2300円 1750円 1600円
13GB 3500円 2950円 2800円

最低利用期間などは以下となっています。

最低利用期間 音声通話SIM 12ヶ月
データSIM,050データSIM なし
解除料金 8000円
利用ネットワーク docomo

NifMoのポイント

NifMoは端末の割引だけでなく、他のniftyサービスとのセットでさらに安くなるのが特長です。

  1. ネットとSIMでの割引がある
    @niftyのプロバイダのフレッツ光回線やADSLとセットで利用すると月額200円が割引されます。
  2. でんきとSIMの割引
    niftyでんきとのセットで月額250円割引されます。
  3. でんき + ネット + SIMの割引
    月額450円が割引されます。
  4. バリュープログラムの割引
    特定ECサイトで商品を購入すると料金が割引されます。
    LOHACO Renta! 7net nissen JTBなどが対象です。

NifMoの詳細はこちら

iPhoneはUQmobileかY!mobile

ほとんどの格安SIMでは、iPhoneはセット販売されていません。

取り扱いがあるのは、au子会社のUQmobileと、ソフトバンクが運営しているY!mobileではiPhoneSEを取り扱っています。Appleとの契約基準を満たすが必要があるので、大手キャリアを通して端末供給を受けられる2社だけになってると予想できます。

UQmobileのiPhoneSEの端末代金

32GB プランS プランM プランL
本体価格 44172円
マンスリー割
(24ヶ月間)
756円 1,296円 1,296円
実質価格 26,028円 13,068円 13,068円

Y!mobileのiPhoneSEの端末代金

32GB プランS プランM プランL
本体価格 65340円
マンスリー割
(24ヶ月間)
1620円 2160円 2160円
実質価格 26,460円 13,500円 13,500円

UQmobileは定価が安く割引が少なめ、Y!mobileでは定価は高いですが割引が大きくなっていて、割引を含めた実質価格は両社ほぼ同じである事が分かります。

ただし、24ヶ月未満で解約した場合は、割引前の本体代金が安いUQmobileの方が安く済みます。

UQmobileとY!mobileの月額料金は同じ

UQmobileとY!mobileでは、端末セットの場合は月額料金の設定や最低契約期間が同じになっています。

プラン 12ヶ月まで 13ヶ月以降 最低利用期間
S(2GB) 1,980円 2,980円 24ヶ月
M(6GB) 2,980円 3,980円 24ヶ月
L(14GB) 4,980円 5,980円 24ヶ月

サービスの違いとして、低速モードがあるのがUQmobile、無制限の通話オプションがあるのがY!mobileとなっています。

詳しくは以下で解説しています。

UQmobileとY!mobileを徹底比較

ソフトバンクならiPhoneが月額1980円、Xperiaも一括0円で月額254円などのキャンペーン中

ソフトバンクでは、店舗でのキャンペーンはあまり行われていませんが、ネット代理店のおとくケータイ.netでは端末代金を最安値クラスで購入する事が出来ます。機種によってはキャッシュバックも付きます。

ソフトバンク光セットの場合はさらに安くなり、iPhone7が月額1980円、Xperia XZは月額254円で利用できます。

  • キャンペーンID:2580 DIGNO G: 一括0円、月額1,724円、キャッシュバック30,000円
    さらにソフトバンク光・Airの同時申込みで月額1224円、キャッシュバック20,000円増額で合計50000円キャッシュバック
  • キャンペーンID:2581 Xperia XZ: 一括20,000円、月額 754円
    さらにソフトバンク光・Airの同時申込みで一括0円、月額254円
  • キャンペーンID:2828 Aquos ea:一括0円、 月額1,424円、キャッシュバック10,000円
    さらにソフトバンク光・Airの同時申込みで月額1,924円キャッシュバック20,000円増額で合計30000円キャッシュバック
  • キャンペーンID:5110 iPhone7(32G) 一括30,000円、月額2,428円
    さらにフトバンク光・Airの同時申込みで月額1,928円、一括10,000円

ソフトバンク光に入らなくてもかなり安いキャンペーンなので、月額料金を下げたい方は要チェックです。

特におすすめはXperia XZです。ソフトバンク光なしでも月額754円はかなりお得なので今のうちにゲットしておくことをお勧めします。

以下のお問い合わせフォームにて、「ご質問・ご要望・連絡希望日時など」の蘭に上記のキャンペーンIDを入力すると適用されます。

「おとくケータイ.netの詳しい情報のお問い合わせフォームはこちら」

ソフトバンク代理店「お客様満足度No.1」。ソフトバンク携帯に番号そのままのりかえで最大30,000円キャッシュバック!

格安SIMと格安スマホセットのまとめ

楽天モバイル、BIGLOBE、NifMoで安く買える格安スマホとSIMのセットをご紹介しました。

それぞれのキャンペーンには期間があるので注意してください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す