ソフトバンクのMNP乗り換え0円やキャッシュバックがあるおすすめ店舗

Pocket

ソフトバンクへ乗り換え(MNP)の際、価格の安いおすすめの販売店をまとめました。乗り換えでスマホが一括0円で購入できたり、キャッシュバックがある販売店ショップをご紹介していきます。安くお得に購入できるお店のみをまとめました。お得な乗り換えタイミングも解説しています。

ソフトバンクへの乗り換え(MNP)は店舗によって8万円も安くなる

携帯・スマホは新規購入や機種変更よりも乗り換えの方がキャンペーンにより圧倒的に安くなります。

ソフトバンクへスマホを乗り換え(MNP)で購入する際、店舗によって機種の端末価格やキャッシュバック金額が大きく異なります。
普通の店舗ではソフトバンク公式のキャンペーンや割引しか適用されませんが、安いお店では店舗独自の乗り換え(MNP)キャンペーンで端末代金の値下げやキャッシュバックを行っているのでお得になります。

全ショップ共通キャンペーン
・月月割(機種ごとの月額割引)
・家族割
・学割(学割先生)
・光回線とのセット割引
店舗独自の乗り換えキャンペーン
共通キャンペーンに加えて
・端末代金の割引(一括0円など)
・キャッシュバック

ソフトバンクの学割の詳細はこちら

安くてお得な店舗で購入するとどれくらい値段が変わるのか、実際の例でご紹介します。

プランの月額料金は、どこのショップで購入しても同じになります。

[例] Xperia XZ1の乗り換え(MNP)の価格

  • 普通の店舗:MNPで一括1万6320円
  • お得な店舗:MNPで一括0円 + 3万7000円キャッシュバック(3万7000円分お得)
安い店舗で購入する事で、本体の割引とキャッシュバックで合計5万3000円ほどお得になります。

[例] iPhone8 64GBモデルの乗り換え(MNP)の価格

  • 普通の店舗:MNPで一括8万円程度
  • お得な店舗:MNPで一括0円
安い店舗で購入する事で、8万円ほどお得になります。

最新機種もお得に

上記機種以外にも、iPhoneXや最新のXperia XZ2、AQUOS R2などもお得になっています。

機種変更だと割引がかなり小さい

乗り換え(MNP)では上記のように高額な割引をする店舗がありますが、機種変更の場合はお店独自の割引を行っている店舗がほとんどなく、あったとしても割引額はかなり小さいです。

現在開催中のソフトバンク乗り換えキャンペーン

ソフトバンクの店舗はネットを含めて5種類 どこが安い?

ソフトバンクの代理店は大きく分けて5種類あります。

  • ソフトバンク公式オンラインストア [おすすめ度:★★]
    割引が公式のものだけなので安くありません。
  • 専売店 [おすすめ度:★★★]
    街にある「ソフトバンクショップ」の看板が出ているお店が専売店です。
    専売店はソフトバンクだけを売っていてアフターサポートも行っています。
    一部で独自の割引をしているショップもありますがほとんどがネット公開されていないので見つけるのが難しいです。
  • ソフトバンク併売店 [おすすめ度:★★★★]
    ソフトバンク以外も売っているショップです。(テルル モバワン等)
    売る事に専念している販売店なので独自の割引、キャッシュバックが多いのでお得です。
    ただ、外部の有料コンテンツに加入しなければいけないなど、安くするための条件には注意が必要です。
  • ネット販売店 [おすすめ度:★★★★★]
    ソフトバンクの乗り換え(MNP)はネット販売店が一番安くおすすめです。
    独自のキャンペーンがあり安く購入できます。また、有料コンテンツなどの面倒な条件がないというメリットもあります。
    時期にもよりますが、ネット販売店が最安値であることが多いです。
  • 家電量販店 [おすすめ度:★★★]
    家電量販店でも独自キャンペーンはりますが、併売店やネット販売店に比べると安くはないです。

【おすすめ】おとくケータイ.net(ネット販売店)

おとくケータイ.netは顧客クレームゼロが続きソフトバンク本社から表彰されている優良代理店です。安い店舗にありがちな、キャンペーンの条件として「余計な有料コンテンツの契約」がないため手続きも簡単です。

ネット申し込み専門店で店舗運営が必要ない事から余計な経費がかからず、顧客へのキャッシュバックや値引き額が大きいのが魅力のお店です。
ソフトバンクの代理店では早くからネット販売を行っていて実績が多い安心できるショップです。

ローカル局のチバテレでも放送されました。

おとくケータイ.net
独自キャンペーン 多め
一括0円
キャッシュバック
販売方法 ネットのみ
キャッシュバック
タイミング
翌々月末
おすすめ度 ★★★★★

【おすすめ】ケータイ乗り換え.com(ネットと店舗両方での販売)

ケータイ乗り換え.comは、ネットからの申し込みと実際の店舗での購入のどちらも可能なのが特長の店舗です。
店舗へ訪問する場合は、通常のソフトバンクの店舗と同じ様に店舗スタッフの方に質問をしながら購入ができます。安い店舗にありがちな、キャンペーンの条件として「余計な有料コンテンツの契約」がないため手続きも簡単です。

その場でキャッシュバック

また、ケータイ乗り換え.comのメリットとしてキャッシュバックが最速で貰えると言う点あります。
店舗での購入ならその場でキャッシュバックが貰え、ネット購入でも開通の翌週には銀行振込でもらうことができます。
他の携帯キャッシュバッックを行っているほとんどのお店では開通から2ヶ月〜3ヶ月かかるので、早くキャッシュバックをもらいたい方はケータイ乗り換え.comがおすすめです。

ネット販売と店舗販売どちらも行っている

ケータイ乗り換え.comの店舗は全国6店舗あります。

  • 池袋店(東京本店)
  • 梅田店(大阪本店)
  • 難波店(大阪)
  • 京都店
  • 福岡店
  • 名古屋店
ケータイ乗り換え.com
独自キャンペーン 多め
一括0円
キャッシュバック
販売方法 ネット販売
店舗販売
キャッシュバック
タイミング
ネット:開通の翌週
店舗:その場で
おすすめ度 ★★★★★

家電量販店

ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラ、ケーズデンキなどの家電量販店でも店舗独自のキャンペーンでソフトバンク携帯を安く購入することができます。家電量販店でのキャッシュバックは現金ではなく量販店のポイントでもらえる場合もあります。

家電量販店は全国にあるので店舗へ行きやすいというメリットはありますが最近では一括0円 + キャッシュバックという魅力的なキャンペーンは少なくなったので、ネット販売店や併売店の方が安い店舗が多いです。

家電量販店
独自キャンペーン 割引はやや少ない
一括0円
ポイント還元
販売方法 店舗販売
キャッシュバック
タイミング
キャッシュバックはほぼ無し
お店のポイントで還元
おすすめ度 ★★★

SMARTPHONE STORE(ネット販売店)

SMARTPHONE STORE(スマートフォンストア)では、「WEB割」という月額が毎月割引されるキャンペーンが行われているのが特徴です。販売代理店の独自キャンペーンで月額の割引が付くのはスマートフォンストアだけになります。

MNP乗り換えだけではなく、新規購入でも割引額が多いのが特徴です。

MNPでの割引額は他のキャッシュバックよりも少なめですが、新規でソフトバンクを契約する場合はスマートフォンストアがおすすめです。

スマートフォンストア
独自キャンペーン 割引はやや少ない
一括0円
ポイント還元
販売方法 ネット販売
キャッシュバック
タイミング
キャッシュバックはほぼ無し
お店のポイントで還元
おすすめ度 ★★★

街のソフトバンク販売店

街にあるソフトバンクの販売店には大きく分けて専売店と併売店の2種類があります。

専売店:ソフトバンクだけを販売する「ソフトバンクショップ」

キャッシュバックはほとんどありませんが、一括0円キャンペーンは行っている場合があります。
キャンペーンを行っているかは電話もしくは直接訪問しないといけないので安い店舗を探すのが面倒です。(ごく一部の店舗のみでtwitterでもキャンペーン告知を行っています。)
アフターサポートも行っている店舗なので店員さんの説明が丁寧と言うメリットはります。

併売店:ソフトバンクだけでなくドコモ auなど他のキャリアも販売しているショップ

基本的には販売のみで、アフターサポート行っていません。併売店は関東に集中しており、他地方だと存在自体が少ないです。テルルモバイル、モバワン等が有名です。併売店はキャッシュバック、一括0円での販売を行っているのでお得な独自キャンペーンが多く、ほとんどのお店がtwitterでキャンペーン告知を行っています。

しかし、キャンペーンは頻繁に変わったり数量限定で争奪戦が起こるので、安いお店を探し慣れていない方にはハードルが高いです。また、店内の相談スペースが狭く既に月額プランや商品が決まっている場合はスムーズに案内してくれますが、プランが決まっていない場合は相談しにくい雰囲気があります。

また、併売店では店舗独自キャンペーンの条件として外部の有料コンテンツ(音楽や動画の月額サービス)に契約することが条件になっている場合が多いです。
有料コンテンツに加入する期間にも条件があり、金額だと5000円分〜1万円分(2ヶ月分〜3ヶ月分)は契約することが必要になりますが、解約の手間や、解約を忘れているとずっと月額課金なのでどんどん課金されてしまうという問題もあります。ネット販売の代理店では外部の有料コンテンツは条件になっていません。

街のソフトバンク販売店にもキャンペーンで安い店舗はありますが、「キャンペーンを行っているか探すのが難しい」「争奪戦が起きやすい」という問題点があります。

ソフトバンクショップ(専売店)
独自キャンペーン 割引はやや少ない
一括0円は稀にある
キャッシュバックはほぼ無い
販売方法 店舗販売
おすすめ度 ★★★
併売店
独自キャンペーン 割引は多め
キャッシュバック
一括0円
販売方法 店舗販売
キャッシュバック
タイミング
おおよそ翌々月末
おすすめ度 ★★★★

ソフトバンクの安いショップはドコモ auと比較して探しにくい理由

ドコモやauでは、店舗がtwitterのアカウントを持っていることが多く、twitter内で「iPhone8 一括」や「iPhone8 一括0円」などと検索するとショップのセールのツイートが発見できるため、セール機種やショップを探すのが簡単です。

以下ページでは、最新い安い機種や価格相場をご紹介しています。
> スマホ一括0円やキャッシュバックキャンペーンの最新情報はこちらでまとめています。

しかし、ソフトバンクでは店舗がtwitterでセール情報をつぶやくのを制限しているため、ごく一部のショップしかtwitterで告知を行っておらず、セールを行っている店舗を探すのが非常に難しいです。

そのため、ソフトバンクではセール内容をネットでも公開しているネット販売店の方が簡単に安く購入できます。

ソフトバンクへの乗り換え(MNP)はキャンペーンの条件に注意

ソフトバンクの店舗独自の乗り換えキャンペーンを適用する際、条件として以下のような契約をすることが要求される場合が多いです。

  • 初月だけウルトラギガモンスター(50GBプラン)を契約
  • 初月だけ端末保証サービス、留守番電話などのオプションへの加入
  • 外部の有料コンテンツを契約(2ヶ月〜3ヶ月間)
  • ソフトバンク光やソフトバンクAirの契約

この内、「外部の有料コンテンツ」と「ソフトバンク光やソフトバンクAirの加入」が条件の場合は気をつける必要があります。外部の有料コンテンツは月額課金のものなので放っておくと課金がされつづけてしまうことと、コンテンツの最低契約期間が2ヶ月から3ヶ月になっているので、後から解約を忘れやすいという問題があります。
ソフトバンク光やソフトバンクAirは加入に関しては、加入を必須にしているお店はそこまで安くないので注意が必要です。もしソフトバンク光に加入するつもりであっても、ネットからの契約でキャッシュバックを貰った方がお得になります。

ソフトバンクへネットで乗り換え(MNP)をするメリット・デメリット

今回ご紹介したセールを行っている安く購入できる店舗はネットから乗り換え(MNP)で購入できる店舗がほとんどです。
通常の店舗購入とネット購入する場合に異なる点をまとめました。

【ネット購入の手続きで店舗購入と違う点】

  • スマホカメラなどで身分証明書の写真を撮影してアップロード
  • 印鑑は不要
  • 端末は郵送で届く(早ければ購入して5日ほどで届きます)
  • 端末の到着後、開通作業を自分で行う
    開通には説明書があり5分程で完了します。
    もし開通の方法がわからない場合は、街のソフトバンクショップでも教えてもらえます。

ネット販売店での購入のメリット・デメリットは以下となります。

  • 全国対応で最安クラスの価格
  • 安いショップ探して見積もりを出してもらう手間が省ける
  • 店舗と違い、混雑時に待たされる事が無い
  • 外部の有料コンテンツ契約が必要ない
  • 端末は郵送なので届くまで数日かかり、今すぐ端末が欲しい方には向かない

デメリットは、届くまでの時間

ネット購入の一番のデメリットは、「届くまでの時間」です。
時間に関しては、購入から到着まで5日程かかるので端末を今すぐ欲しい人にはネット購入は向いていません。

ネット購入では開通作業を自分で行わなければ行けませんが、説明書が付いていてソフトバンクに電話をするだけなので、5分もかからないのでデメリットと言うほどではありません。

初期費用・手数料はネットでも店舗でも同じ

ネット販売で契約する際、ソフトバンクショップなどの店舗で購入する場合と初期費用や手数料の違いはありません。
どのお店で購入しても、初期費用として事務手数料が3,000円がかかります。
ドコモやauでは店舗によって購入時に5,000円〜9,000円の「頭金」がかかりますが、ソフトバンクではどの店舗でも頭金は必要ありません。

初期費用
事務手数料
3,000円(税抜)
全店舗共通

支払方法はクレジットカードもしくは口座振替

支払方法の選択も店舗での購入と同じでクレジットカードもしくは口座振替となります。
クレジットカードの場合はネット申し込みの際にカード番号を入力、口座振替の場合は専用の申込書を送付します。

どの店舗で購入してもアフターサポートは問題無し

ソフトバンクはどの店舗で購入してもアフターサポートは全国のソフトバンクショップで対応してくれます。
ネット店舗で購入すると、自宅にスマホとSIMが郵送で届きますが、初期設定については説明書があり5分もかからずに完了できます。分からないときは全国のソフトバンクショップで説明を聞く事もでき、電話のサポートもあります。

ソフトバンクではどの店舗で購入しても、全国のソフトバンクショップでアフターサポートが受けられます。
例えばネット販売店で購入し、その後プラン変更の相談をしたい場合も全国のソフトバンクショップで対応してもらう事が可能です。

端末の故障等があった場合も街のソフトバンクショップやソフトバンク公式サポートセンター(電話)で対応してもらえるので、どの店舗で購入してもアフターサポートに違いはありません。

ドコモやauからソフトバンクにMNPで乗り換える際の違約金や手数料は?

他社からソフトバンクへMNPで乗り換えの際は、元のキャリアには3つの手数料がかかります。

  • 2年契約の違約金
    「更新月」と呼ばれる2年契約の違約金は無料がありますが、それ以外では2年契約の違約金がかかります。
    格安SIMではほとんどが1年以内の解約のみ違約金がかかり、それ以降は違約金なしで解約できます。
  • MNP転出手数料(必ず必要)
    MNPで解約する際には必ずかかる手数料です。
  • 購入サポート違約金(購入サポートを利用した場合のみ)
    ドコモ、au共に購入サポートを利用して端末を購入していた場合は13ヶ月以内の解約で違約金が追加されます。金額は機種によって異なります。
キャリア 違約金・手数料(税抜)
ドコモ 2年契約違約金:9,500円
MNP手数料:2,000円
au 2年契約違約金:9,800円
MNP手数料:3,000円
格安SIM
(目安)
1年以内の解約:9,800円
MNP手数料:3,000円

購入時に「端末購入サポート」を使っていた場合はさらに違約金が増える場合があります。

ソフトバンクへの乗り換え(MNP)タイミングはいつがお得か

ソフトバンクへの乗り換えのタイミングのお得かどうかは、現在使っているキャリア更新月がいつかによって変わってきます。

  • 更新月の場合
    更新月では必ず乗り換えた方がお得です。
  • 更新月の1ヶ月〜2ヶ月前の場合
    更新月になるまで待ってから乗り換えた方がお得
  • 更新月が3ヶ月以上先の場合
    欲しい端末がキャンペーンで安くなっていたらすぐに乗り換えた方がお得
  • 月々の割引が無くなっている場合
    すぐに乗り換えた方がお得

基本的に、更新月が近い場合は待った方がお得で、それ以外の場合はすぐに乗り換えてしまった方がお得です。
ドコモは「月々サポート」、auは「毎月割」という機種購入から24ヶ月間の割引がありますが、その割引が無くなると月額が割高になるので乗り換えてしまった方がお得になります。

違約金を払っても乗り換えた方がお得になる

違約金がかかったとしても、乗り換えでお得になる金額の方が違約金より大きいので今回紹介しているネット店舗では基本的にいつ乗り換えてもお得になります。(購入サポートで購入して12ヶ月以内の解約は例外)

MNP乗り換えの手続きは何が必要?

ソフトバンクへの乗り換えの手続きは以下となります。この手続きはどの携帯会社(ドコモ au 格安SIM)を使っていても同じです。

  1. 今の携帯会社から「MNP予約番号」を発行してもらう
    発行方法は、ドコモ au ソフトバンク UQmobile Y!mobileの方は電話サポートから、
    格安SIMの方はネットにログインをして発行してもらえます。
    ※格安SIMではMNP予約番号発行に1日〜3日かかるものもありますので乗り換えタイミングには余裕をもつことをおすすめします。
    MNP予約番号を発行しただけでは解約にはなりません。予約番号の15日間で、過ぎてしまった場合でも無料で再発行してもらえます。
  2. ソフトバンクの販売店にて、申し込みの際に今の携帯番号とMNP予約番号を伝えると、MNPでの乗り換えが可能になります。
    ※乗り換え元とソフトバンクの契約の名義は同一の方である必要があります。
    身分証明書は必要ですが、印鑑は必要ありません。
  3. ソフトバンクが開通すると自動的に元の携帯会社は解約になります。
    元の携帯会社への解約の申し込みは必要ありません。

ドコモ、auからのそれぞれの乗り換えの方法や更新月の確認方法、注意点等は以下で詳しく解説しています。

ドコモから他社へ乗り換える手順と注意点

auから他社へ乗り換える手順と注意点

まとめ

携帯、スマホはMNPで乗り換えを行う方が安くなります。

ソフトバンクで乗り換え(MNP)の際におすすめのネット販売店の特長や、乗り換えタイミングなどをご紹介してきました。違約金が発生しても乗り換える方がお得になるので、安く端末を買いたい方は以下のキャンペーンを是非チェックしてみることをおすすめします。

現在開催中のソフトバンク乗り換えキャンペーン

Androidが一括0円キャッシュバック

  • XperiaXZ1:一括0円+37,000円キャッシュバック
  • HTC U11:一括0円+33,000円キャッシュバック
  • DIGNO J: 一括0円+27,000円キャッシュバック
  • HUAWEI Mate10Pro:一括0円+30,000円キャッシュバック
  • iPhone7/128GB:一括0円+27,000円キャッシュバック

詳細は以下より

最新機種やiPhone8 iPhoneXが4万7000円キャッシュバックで最安クラスの価格に

  • Xperia XZ2  52,000円キャッシュバック or 端末代48,600円値引+4,000円キャッシュバック
  • AQUOSR2    52,000円キャッシュバック or 端末代48,600円値引+4,000円キャッシュバック
  • iPhone8(64G) 47,000円キャッシュバック or 端末代43,200円値引+4,000円キャッシュバック
  • iPhoneX(64G) 47,000円キャッシュバック or 端末代43,200円値引+4,000円キャッシュバック

詳細は以下より

 

Pocket

携帯スマホの料金相談や質問を受付中です

「現在のキャリア」「現在のプラン(GB数)」も記入頂くとより最適な回答ができます。

*