【ドコモ 初級編】携帯乞食はいくら儲かる?収益を計算してみた

Pocket

今回は、一括0円で購入したスマホを販売して利益を出す、携帯乞食活動を行なった場合収益の計算を行ってみました。ドコモへの乗り換えの場合です。

携帯乞食は安くキャッシュバックのある店舗で購入することが大前提ですが、今回は比較的簡単な初級編として家電量販店で購入した場合の利益を計算しています。

2019年 ドコモの携帯乞食はどの機種を狙うべきか

2019年2月時点でのドコモで今一括0円などの安い機種の相場やキャッシュバック額は以下です。
※CBはキャッシュバックの略です。

機種 MNP価格
CB額
利益 販売店舗
iPhoneX
64GB
一括0円
CB3万円
※購入サポート
家電量販店
iPhone8
64GB
一括0円
CB3万円
※購入サポート
家電量販店
iPhoneXR
64GB
一括0円
※購入サポート
家電量販店
多くのドコモショップ
iPhoneXS
64GB
一括0円 ごく一部の
ドコモショップのみ
Pixel3 一括0円 ごく一部の
ドコモショップのみ

※家電量販店でもお店によってキャッシュバックや本体価格は異なります。
交渉次第では、上記の表の価格よりもさらに大きなキャッシュバックがもらえる場合もあります。

最も儲かるのはiPhoneXSだが、簡単なのはiPhoneX

転売価格と回線の維持費を考えると、iPhoneXSのMNP一括0円が一番利益が大きいですが、販売店舗を見るけるのがかなり難しいです。(ひたすらドコモショップに電話をかける必要があります。)
首都圏以外の地方でiPhoneXSの一括0円は存在しない場合もあります。

iPhoneXSの場合の計算結果は上級編として以下ページで計算しています。

そこで今回は、iPhoneXSではなく、家電量販店で購入できて最も簡単に利益を出せる

「 iPhoneX 64G 一括0円 3万円キャッシュバック(量販店のポイントの場合もある)」

で購入した場合の収支を計算してみます。

ウェルカムスマホ割を利用

ドコモの割引サービスである、ウェルカムスマホ割を使うと、月額1500円が12ヶ月間割引されお得です。
条件は他社ガラケー・ガラホを使っていることが条件になりますが、auの「GRATINA 4G」などのSIMフリーのガラケーを購入してお店で見せると適用できます。
ガラケーを見せるだけで適用できる場合もありますが、お店によってはガラケーの番号を端末に表示させる必要があるので、念のため端末のAPNの登録をして通話ができる状態にしておくことをおすすめします。

購入サポートに要注意

ドコモの購入サポートでは、以下の注意点があります。

家電量販店のiPhoneXを購入した場合の収支

ドコモのiPhoneX MNP一括0円 キャッシュバック3万円の場合の収支は以下となります。

費用

まずはかかる費用を計算します。費用は主に3種類かかります。

  • 初期費用
    MNPの元回線の解約費用、ドコモの初期費用です。
  • 月額
    今回は購入サポート端末なので14ヶ月維持してから解約します。
  • 解約費用
    ドコモの解約費用です。

初期費用

初期費用はMNPに使う元の回線の解約費用です。
今回は「nuroモバイル」をMNP弾丸として利用した場合で計算しています。

MNP弾費用 6216円(税込)
ドコモ初期費用 3000円

MNP弾の費用の詳細はこちら

月額

ドコモのiPhoneXはMNPの場合は購入サポートで1年以内の解約が高額になってしまうので、14ヶ月目に解約をした場合で計算しています。
※購入サポートではない機種だとおおよそ6ヶ月で解約できるのでさらに費用を安くできます。

ベーシックパック
1GB未満
2900円
シンプルプラン 980円
SPモード 300円
ウェルカムスマホ割
12ヶ月間
-1500円
月額合計 2,380円
14ヶ月分の月額 40,520円
43,716円(税込)

解約費用

ドコモ解約費用 9,500円

費用合計

初期費用 9,456円(税込)
月額14ヶ月分 43,716円(税込)
解約費用 10,260円(税込)
費用合計 63,432円(税込)

収入

収入は

  • iPhoneXの売却費用
  • キャッシュバック

となります。

ドコモのiPhoneX 64GBの売却は中古販売店での買い取り相場が現在6万円ほど(SIMロック解除後)になります。

ドコモiPhoneX売却 60,000円
キャッシュバック 30,000円
収入合計 90,000円

最終利益額

収入からかかる費用を引いた利益は以下となります。

収入合計 90,000円
費用合計 63,432円
最終利益 26,568円

最終的な利益は、26,568円となりました。

キャッシュバックが3万円の場合で計算していますが、複数台など交渉次第ではさらに追加も可能なのでCBが4万円だった場合は最終利益は36,568円になります。

iPhoneXは購入サポートのため利益は小さめ

ドコモのiPhoneXはMNPで購入サポートが適用されるため、月額の割引がウェルカムスマホ割だけということと、解約のタイミングが14ヶ月目になってしまう(購入サポート無しであれば6ヶ月目には解約可能なのでさらに費用が安くなります。)ことにより携帯乞食としての利益は薄めでした。
※ドコモで短期解約のブラック判定にならないために、購入サポートでない場合でも6ヶ月は契約を続けることをおすすめします。

2019年2月現在、購入サポートになっていないXperiaXZ3、Galaxy Note9を安く購入するとさらに利益は大きくなります。(2019年3月よりiPhoneXSとPixel3が購入サポート入りしました。)

 

Pocket

携帯スマホの料金相談や質問を受付中です

「現在のキャリア」「現在のプラン(GB数)」「お住まいの地域(都道府県)」も記入頂くとより最適な回答ができます。

*